スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時の貫首たりと雖(いえど)も仏法に相違して己義を構へば之(こ)れを用うべからざる事

顕正会では、日興遺誡置文のこの条目を「仏法を曲げた貫首は用いなくてもよい」などと強引に解釈を歪曲し、会の存在意義の正当化を図る一つの拠所としていますね。
 『守護国家論』には、邪教を弘める行者の特徴として、
「或は小(すこ)し自義に違ふ文有れば理を曲げて会通を構へ、以て自身の義に叶はしむ」
と示されています。
自分の御都合に合わせた自分勝手な解釈こそ、正に、条文中に示される「己義」に附合するのだということです。

以下。この条目についての日達上人、日顕上人の通釈を、過去の御講義から該当箇所を抜粋し掲載致しました。
顕正会員さんにおいては、じっくりと何度も読み返して、日興上人の御聖意をしかと銘記された上で、須く信仰の寸心を改められんことを念願致します。

【日達上人御講義 昭和45年6月28日 富士学林研究所の砌】

 「 時の貫首たりと雖も仏法に相違して己義を構へば之れを用うべからざる事。」(法主全書一-九八)
 これをとって、私が己義を構えているようなことばかり言う人がありますし、それをまた信者の人でまねをして言う人がある。
 過日は、高知の大乗寺の檀家で総代であったなんとかという者が、一生懸命にこれを書いて、人のところへ手紙を寄こす。大乗寺の事件において私は己義を構えたことなんか少しもない。それを「己義を構えた、己義を構えた」と言ってますね。これについて少し説明したいと思います。
 私は自分で勝手に己義を構えて勉強しているわけではないのです。やはり若いときは日亨上人について触強もしたし、日開上人について勉強もしてるんです。決して己義を構えてかってなこと言いたいほうだいに言っているのではない。
 その前に、
 「下劣の着たりと雖も我より智勝れたる者をば仰いで師匠とすべき事。」(法主全書一-九八)
 これに対して、そのあとに、
 「衆議たりと雖も仏法に相違有らば貫首之を摧くべき事。」(法主全書一-九九)
とあります。
 それで、「時の貫首たりと雖も仏法に相違して己義を構えたならば、」さきほど誰かが言ったが、構えたか構えないかは誰が判断するんだということになるんですね。そうすると、すぐに、「御書によってだ、」あるいは、「先師のおことばによって、」となる。じやあ、先師のおことば、あるいは御書に相違しているかは誰が見つけるかということになる。そこで問題です。御書はあるにきまっているので、これは鏡です憲法があって、悪いことをしたとする。それは憲法があるからと言ったってただそれだけでは仕方がないでしょう。悪いことをしたから、その憲法に照らしてどのくらい悪いかを調べるのが裁判官である。だから、現に泥棒がいてつかまったって、これは容疑者としてつかまえているのであって、はじめから、これはこういうことをしたというのではない。裁判にかけてこそ、はじめてこれは泥棒であったとか、こういうことをしたからこれだけの罪があるとかというのである。御書があるといったって、御書と貫首の言ったことを誰がそれを裁判するのか。末寺の住職が裁判する、とここに書いてあればよい。あるいは隠居さんがしろ、と書いてあればよい。しかし、何もないじゃないですか。ところがこっちにはあるでしょう。「下劣の者たりと雖も我より」と、ちゃんとあきらかに第一人称がある。「我より智勝れたる者をば仰いで師匠とすべき事」自分より勝れている者は、たとえ下劣の者たりといえども、師匠としなさい。こちらもそうです。「衆議たりと雖も仏法に相違あらば貫首之を摧くべき事」と明らかに第一人称があります。ところがこれはないでしょう。ないにもかかわらず、すぐに貫首が己義を構えた、なんてとんでもないことを言ってるわけで、これは少し考えてもらいたい。

 これの意味は、「貫首であっても、仏法に相違して己義を構えるそういう者を用いてはいけない」というんです。貫首は誰を用いてもいいんだ、誰でも用いられる。どういう役にでも、あるいは自分の補処にでも、何にでもできる。しかし、仏法に相違して己義を構えた者はこれを用いてはいけないと書いてあるんです。だから、ぜんぜん話が違う。それを、ただ、貫首が仏法に相違したからこれを用うべからずなどと、何を言うんだかさっぱりわからない。これはよく考えてくれなければ困る。そういう解釈がちゃんとある。一つはふつうに今まで言ったとおりにしてもいちおうは通るにしても、もうひとつ深い意味があるということを考えてもらいたい。その例があるでしょう。
 今、聖教新聞の人間革命によく出ている小笠原慈聞がそうじゃないですか。小笠原慈聞がはじめ処分された。処分されてまだ処分の期限が切れないのに、あれを採用してしまったんです。それだからあんな事件が起きてしまった。だから、神本仏迹などという、仏法に相違して、己義を構えた者は、これを用いてはいけないのである。

【日顕上人御講義 第41回全国教師講習会の砌】

例えば、皆さん方の総意で私に退座を求めたとします。今、創価学会では盛んにヒロエ・クロウなる者の虚偽に証言を喧伝しておりますので、それが全く事実でないにしろ、私に徳がないからそのようなことになるのだということで、仮に皆さんが、退座すべしとの決議をしたならば、私は沈思して考えます。つまり、それが宗門にとって、また御法のために必要であるならば、私は自らの意思で退座することもありうるということであります。しかし、それが御法のためにならないと判断した場合には絶対に退座いたしません。これは、日興上人の二十六箇条に、
「衆義たりと雖(いえど)も仏法に相違し有らば貫首之れを摧(くじ)くべき事」と示されておるとおりであります。
その反対に「時の貫首たりと雖(いえど)も仏法に相違して己義を構えば之を用うべからざる事」
ともあります。これについての日達上人の御解釈は、貫首に主語があるというもので、すなわち、貫首は、仏法に相違して己義を構える者を用いてはいけないというものでした。
しかしまた、別に意味において、貫首が己義を構えた場合にはその貫首の意を用いてはならないという在り方も、私はあると思います。
このようなことは絶対にありえませんが、仮に「これから南無阿弥陀仏を唱えようではないか」と私が言い出したとしたならば、皆さんは用いないと思いますし、絶対に用いてはなりません。また私を放逐(ほうちく)しようとすると思います。
けれども、この日柱上人の場合は絶対にそういうことではなかったと思うのです。ただ、衆議が色々と出て、それを日柱上人が深くお考えあそばされた上で、ここは私が退いたほうが御法のためになるとの、自らの深い御思慮の上からの決断であったと拝するのであります。したがって、「辞職させることはできるのでしょうか?」という質問に対しては、はっきりと、
「辞職させることはできない」
と、申しあげておくものであります。
(中略)
とにかく、それらすべてをお考えあそばされた上えの、自らの決断による辞職であったわけです。
「時の貫首たりと雖も…」についての記事【その2へ】
スポンサーサイト

顕正会員より寄せられたデタラメなメッセージ

先日、顕正会員の方から私個人向けにこのようなメッセージが寄せられました。
以下。

―――――――――――――――――

明け方にすいません。
サイト見ちゃいました。
何か、スゴい事が書いてあるので、ビックリしましたよ。あまり、こう言う場で意見を言うのはどうか?と思いますが、言わせて下さい。私も、顕正会員です。
何が原因で、サイトを立ち上げたか分かりませんが、ハッキリ言って運営者の人は、相当な罪障を積んだと思います。これは、団体の和合を破ると言う、五逆罪と言う最も恐ろしい罪でやってはいけない事です。ミミさんも、顕正会員なら解りますよね? 私の組織の後輩は、組織に反発し続け、数年前に亡くなりました。 今の時代は、功徳も大きいですが、反面も大きいです。私の事で無いので、人がどうするかは関心無いですが、これだけスマホやネットが普及した今で、サイトを見た人は顕正会に対しどう言う印象を持つでしょうか。世間の一般人にデタラメな情報を流すのは、学会や現在の宗門と同じく大聖人様に弓を引く立場になります。管理者さんの今後に必ず影響します。
私は、恐ろしすぎてマネ出来ないです。

以上

――――――――――――――――――

メールを頂いたのは、本日より10日前の、9月16日でした。
私はその翌日に、この顕正会員に対して以下の内容の返信をしました。

――――――――――――――――――

こんばんは★初めまして!遅くにすみませんm(__)m
顕正会 衝撃の真相のブログ管理者のミミです。ブログの御閲覧とメッセージありがとうございます。
「こういう場で意見」は全然問題ないので気になさらないで下さい、むしろこちらとしては有難いことです。
記事を書いているとどうしても主観性しかないので、読み手側がどの様に感じたかということは、ブログへのコメントを通してしか知ることができません。
しかし、コメントは基本的には公開していますから、何か意見したくてもなかなか出来ないといった方が恐らく大多数でしょう。
ですからこのように個人的なやり取りの場では、きっと相手も本音で話してくれるのでは?と思うのです。
五逆罪の事は存じています。理論書に書いてありますね。「破和合僧」ですよね!
字の通り、僧(出家)との和合を破る、という事ですね(^-^)
確かに自身が真実だと勘違いして、デタラメな情報を流しているとしたら、それは本当に恐ろしいことです。
根も葉もない、事実無根の悪口を「誹謗中傷」といいますね。
私は一応根拠のない事は書かないよう、普段から気を付けて、注意深く記事を書いているつもりです。
あなたが今回デタラメと感じたのは一体どの記事のどういった箇所なのでしょうか?
教えて頂ければ、再度その記事を当方で検証し直して、間違いであれば改めたいと思います。
是非とも、よろしくお願い致します。

――――――――――――――――――

さて、頂いたメール本文の最後に「以上」と書かれていることから、返信はあまり期待しておりませんでしたが、そのことはさておき、問題なのは文章の中で私が太字で強調した箇所。つまり、「亡くなった」「罰」、それから「デタラメ」というところ。メールを作成した顕正会員さんは、これらの自身の発言についてよくよく検討し直すべきだと思います。

まぁ、私が顕正会員であると勘違いしている点については特に取り上げて問題にするほどの事でもないとは思いますが、しかし、ファーストコンタクトでいきなり「亡くなった」とか「罰」なんて言うのは、これはどう考えても不謹慎ですよね。脅迫まがいです。

ただご本人も前提条件として「顕正会員だから話が通じるだろう」という憶測があったのだろうし、私の方もこういうのはある程度慣れていますから、個人的にはこれは大した事ではありませんが、次の「デタラメ」について。これはちょっとスルーできません。

「デタラメ」という言葉を口にする以上は、具体的な箇所と根拠を明示しなければいけません。できないのであれば「デタラメ」と言う方が「デタラメ」を言っているということになります。

顕正会員さんはいつも自分で墓穴を掘ってしまいます。如何にも顕正会員らしい模範というべきメール内容です。
顕正会の信心をしていると道理で物事が考えられなくなりますね。自分の言動が客観視できなくなります。
これニセ本尊の害毒です。また遥拝勤行というのもデタラメな化儀です。

顕正会員が往々にして「デタラメ」を言うような性分となるのは、顕正会の本尊や行体が「デタラメ」であることの証左に他なりません。

「一切は現証に如(し)かず」と、顕正会員さんの得意な御金言をそのままそっくりお返し致します。
[ 2014/09/26 21:05 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(5)

冨士大石寺顕正会とは(組織構成)


この記事は【こちら】へ移動しました。

冨士大石寺顕正会とは(続・概略)

それはさておき、次は前記事の最後に記した「曖昧なスタンス」という事についてもう少し掘り下げて説明を加えていきたいと思います。

顕正会は母体である日蓮正宗から破門されたことにより、後の信仰活動上において様々や弊害が生じる事となります。

まず第一に、日蓮正宗時代には当然のように行われていた、総本山富士大石寺への参詣や、富士大石寺の重宝であり、信仰の根本の法体(ほったい)であるところの「本門戒壇大御本尊」を「内拝(ないはい)」する資格を失うこととなります。
日蓮正宗では基本的に、信心の志ある信徒に対しては、この「本門戒壇大御本尊」の下への内拝を強く勧め、促してきました。
その証明として、中興の祖と仰がれる、総本山大石寺第26世「日寛上人」は、
「志あらん者は登山して拝したまへ」
と、仰せられております。「登山」とは大石寺への参詣、「拝したまへ」とは「本門戒壇大御本尊」への内拝のことを指します。

また、各家庭に安置されるべき「御本尊」についても、母体である日蓮正宗から離れてしまっては手に入りません。

大石寺信仰における「御本尊」というのは、日蓮正宗の法主上人唯一人のみが書写し下附(信徒に与えること)する権能を有しており、たとえ碩徳(せきとく)の僧であったとしても、許可なく勝手に書写することは信仰の上から絶対にしてはならないと、厳格に定められているのです。

しかし、顕正会では会員の増加や会館の建設が進むにつれて、どうしてもこの「御本尊」が必要となってきます。
そういった事情に伴い、現在顕正会では秘密裏に、この「御本尊」を自前で作成しておりますが、そういった行為は取りも直さず本来の信条を破ることになりますし、そのことが会員の混乱を招く結果となったり、最悪の場合は脱会者の続出ということも考えられます。そのような事態を防ぐために、会の内部に対してはその事実を隠ぺいし、外部からの指摘に対しては沈黙を決め、しらを切り続けているのです。

それから、故人を供養するために必要不可欠である「戒名」や「塔婆を立てる」ということは、常識の範囲で考えて「僧侶」の特権であることは言うまでもなく一般的概念であるかと思います。
しかし顕正会は、在家信者のみで構成されていますから、本来そういった仏事を執り行うべきはずの「出家・僧侶」は1人もおりません。
ですから、従来の大石寺信仰の中で大事にされ続けてきた「戒名」や「塔婆」は、顕正会では現在、公式に廃止され、それに際してこれらの必要意義についても強引に解釈を曲げて、無理な正当化が図られてしまったのです。

以上、これらがアウトラインとなりますが、更に子細を見れば従来の厳格な信条から完全に逸脱してしまっている点は多数あり、現在に至っては全く日蓮大聖人の意に適わぬ教義が形成されてしまったと言えるでしょう。

こうして傷口を隠すようにして、アレンジにアレンジを重ねた顕正会の独自の信仰形態というのは、会発足の本来の意義を完全に消失するカタチとなってしまっているのです。

会発足の意義とはつまり、

「法主上人を護り、創価学会によって曲げられんとされる日蓮正宗の教義見解の是正を訴える」

というところにあったわけですが、浅井会長が早計にいきり立ち、その勢いで突き進んだ結果が、現在このような本末転倒と言うべき、惨めな体たらくに成り下がってしまったということです。

謝罪(コメントについて)

通常のコメントではなく「拍手コメント」の方にコメントを入れて下さっていた方々。すみませんでしたm(__)m
ブログの勝手をイマイチ把握できておらず、先程「拍手コメント」というものの存在自体を初めて発見しました

8/7にコメントを入れて下さった「やぎこ」さん。
8/15にコメントを入れて下さった「元顕正会員の者ですが」さん。
9/6にコメントをいれて下さった「名無し」さん。
9/15にコメントを入れて下さった「元顕」さん。

コメントをお返しする事が出来ず、すみませんでしたm(__)m
コメントを私のスマートフォンの方に通知する設定がされていなかったので、先程通知を設定致しました。
よって今後は「拍手コメント」もリアルタイムで確認し、返信することが可能となりました。

記事について何かお気づきの点や、共感して下さった事、反論等、どのような形であれ、皆様よりコメントをお待ちしております(ただし、禁止用語などを含む暴力的なコメントなど、当方にて承認しかねるコメントに関しては削除させて頂きますので、悪しからずm(__)m)
[ 2014/09/20 00:27 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(0)

H26/9/19 元顕正会員が御授戒!と近況。

本日支部において大変有難いことに、また1人、顕正会から法華講への入信がありました。
私は仕事だったため、今回は立ち合いませんでしたが、今回の御授戒は今までになく意義の大きなものであったと思います。
というのは今回折伏を成就された紹介者というのは、顕正会から法華講に移られた方なのですが、この方は顕正会時代には折伏(勧誘)を一度も実践した経験がないのです。
顕正会時代にバリバリ活動していた人が日蓮正宗に土台を変えて、またバリバリ活動するというのはある程度当たり前のような感覚がありますが、今回折伏を成就された方というのは決してそのようなタイプではありませんでした。
そのような方が人を一人お寺にお招きし、御授戒が叶ったというのは、特別有難い展開ですね。
お二人の今後のご精進を一層期待致します

またこの度、支部の活動を「妙教」にて紹介して頂ける運びとなりました。その一環として私のインターネットを通した活動も掲載して頂けることになるかと思います。11・12月号の予定です。法華講員の方はもし宜しければ目を通してみて下さい
[ 2014/09/19 22:55 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(0)

広島の土砂災害は「諸天の戒め」?顕正新聞9月5日号。

20140917091353.jpg

上の写真は顕正新聞9月5日号の三面。
広島県にて、先日の豪雨により発生した土石流のおぞましい様子の写真が紙面の半分を占めています。
写真の下には、
「この天変地夭こそまさに諸天の戒め。豪雨による土砂崩れで押し流される住宅。土石流の速度は時速144キロにも達したという。」
と、一言添えられています。
しかし、「諸天の戒め」…とはね…。これは非常に不謹慎な表現ですね。
そういえば、過去に東北の大地震は「日本に対する天罰」といって批判を受けた知事さんがいましたよね。
仏法の道理が云々なんていうことは良くわからない世間一般の人々がもしこの記事を目にしたならば、その知事さんの問題発言と、きっと同列の印象を受けることでしょうね。
相変わらずというか、このような品位のカケラもない無慈悲で低俗な内容には、本当に腹立たしい限りです。
一体、被災された方々を何だと思っているのでしょうか。
顕正会活動者である自分達だけ助かればいいとでも思っているのでしょうか!?

と、顕正会員に聞くと、「そういうわけじゃないけど、顕正会員だけが守られるんだよ。だから一生懸命戦っているんじゃないか。」
なんて言ってきそうですが…。

そもそも顕正会とは、「国立戒壇」という名称を使わない事にしたのは「布教の妨げ」になるから、ということの意味が理解できなかったことから派生した新興団体ですから、そういった体質は今でも変わらないという事ですね。
そういう悪い意味では「一貫普遍の精神」といえるかもしれません。

話は変わりますが、先日、ある顕正会員とお話していた際に、その方が、
「見てみなさいよ!今、ドンドン世の中の三災七難が色濃くなってきているでしょう。これは顕正会の戦いが進んでいる証拠です!」
なんて言ってきたので、思わず、
「じゃあ、顕正会員は何もしない方が良いじゃないですか!(笑)顕正会員が頑張れば頑張るほど世の中が悪くなるんじゃぁねぇ~(笑)」
と率直に返答してあげました。
こちらがそう言うと、それきりその方は黙してしまいましたが、きっと依正不二の原理を説明したかったのでしょうね。

しかし、顕正会員というのは、たとえ被災した方に対しても直接、面と向かってそういう事を言い切ってしまうような人達なんですよね。
顕正会員さんは、少し休戦して、頭を冷やして、それから、顕正会に入る前の自分を良く思い出して。
落ち着いて、顕正会を客観視できるような状態になれたならば、その時は是非、私達法華講員、または日蓮正宗の寺院を訪ねてみてほしいと思います。

顕正会での指導内容 3

私が現役顕正会員であった頃、上長からは一体どの様な指導を受けていたのか、具体的に思いだしてみたいと思います。その3です。

【何があっても大丈夫】

本当は他人を勇気づける良い言葉なのでしょう。仏法実践の上から起きてきた難であれば、どのような状況下に陥ったとしても、結果として必ず守られるというのは、確かに仏法の道理ではあると思いますが、残念ながら実践のみがあって結果が伴わないのが顕正会なのです。(厳密には良い結果のように見える事が起きる場合もあるが、いつも一過性の出来事で終わり、将来的な繋がりが無い)
それどころか、この浅井先生の指導を受けた顕正会員達は、言葉の意味合いを顕正会特有の過激なニュアンスに取り違え、上長は後輩に対し、この言葉を都合よく乱用するケースが多々あります。

過激なニュアンスとは、

「どうなっても大丈夫」
「何をしても大丈夫」

といったような類のものです。

「何があっても」の「何」というのが抽象的で解り辛く、その範囲を大聖人様の教えに照らし合わせてキチンと指導をしていない顕正会内では、成果至上のシステムに合わせて、都合よく曲げられた解釈が蔓延り、結果、人道的に外れた振舞いや、社会のルールから逸脱した目に余る様な言動が、会の通例となっているのは事実です。

御本尊様の後ろ盾があるから、どんな事をしても許される。生活費がなくても、住むところがなくても、顕正会の活動だけに没頭していけば、最終的には守られる。

そんな考え方を改めようとする努力が見られない様な人は、まず仏法弘通の実践者としてのスタートラインにも立てていない状態だと思いますし、そういうのを「過信」というそうです。

例えば、強引に職場で勧誘を推し進めていった結果、強制退職させられたりというのは顕正会の中では良くある話ですが、それを当の本人がどの様に受け止めるかというのは大変重要でしょう。もし勤務時間中にも関わらず勧誘に夢中になっていたとか、相手が嫌がっているのに無理に話を続けたなど、明らかに本人の側に過失があった場合。その事について反省もせず、本人が勝手に「大丈夫」だとか「有難い」なんて思ってたとしても、世間から見たらそんな人は全然大丈夫じゃないです。

「あと数年で広宣流布するから、ある程度何をしても大丈夫。今がどんな状態だったとしても、広宣流布したら全てひっくり返るから現在どんな状況だったとしても大丈夫。」
良くある顕正会員の思想の典型と言うべきでしょう。根拠もなく安心している状態ほど危険な事はありませんね。

「大丈夫?」

と、世間から言われてしまうような人が顕正会の中には大勢(全体の割合からして非常に多い)いることは事実ですし、そういった様な人達が、日本国中に充満する時が「広宣流布」だなんてありえません。

冨士大石寺顕正会とは(概略)


この記事はこちらへ移転致しました。タップ、またはクリックしてお進みください。

H26/9/8 男子部大会が終わりましたね 

顕正会員の皆さんご苦労様でした。
情報源が乏しいため、正確な結集成果や、当日現場での様子については未だ詳らかではありませんが、当日、あるいは前日、顕正会幹部会員が血眼になって結集を呼び掛けている様子は、当ブログのアクセス数からもひしひしと伝わってきました。
YahooとFC2両方合わせて、前日は600PV超、当日は1100PV超のアクセスを頂き、本日も余韻で既に600PVを超えている状況です。
普段が200PVぽっちですから、当日は普段の5倍以上の閲覧数となりましたが、記事の内容が軽薄であるゆえ、かえって恐縮でした(-_-;)
参加者の生の声はウェブ上にぽつぽつと徐々に上がってきてはいるようですが、もうちょっと時間の経過を待ってみることに致しましょう。
とりあえず特集号が手元に届いたら所感を記事にまとめてみたいと思います。
まぁ最も「数」について言えるのは、集まったか集まらなかったなんて、浅井先生絶対さん達にとっては信仰上、取るに足らない様な事柄なのでしょうが、そんな頑迷極まる一闡提さんはとりあえず放っておくとして…、新規狂信者の発生だけはなんとか阻止しなければなりませんね。
「富士大石寺」を騙る団体に好き勝手させては絶対いけないと思います。
[ 2014/09/08 22:26 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。