スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会から日蓮正宗に移って1年

顕正会から日蓮正宗に移って早1年が経過しました。一体どのような変化があったか振り返ってみたいと思います。

【職場への遅刻がなくなった】

顕正会時代。私は恥ずかしながら遅刻の常習犯でした。特に前職では朝が早い仕事ということもあり、朝数分の遅れはしょっちゅうでした当然の如く信用を失い、職場では常に疎外感を感じておりました。現在の仕事においても、週に一度は朝礼に遅れたり、ギリギリの駆け込み出社がほとんど。やはりそのことが原因で信用を失っておりました。
起きようと思っても起きられないのです。意志薄弱なのです。中学くらいからの悪い癖であり、社会人として終わってます。
本当に本当にお恥ずかしいことです。
そのことは顕正会の本尊にいくら祈っても決して成就することはありませんでした。

ところが現在、職場に遅刻することはありません。
相変わらず朝は弱い体質であること自体に劇的な変化はありませんが、朝礼に間に合わないということはまずなくなりました。必ずしも毎日ではないにしろ、朝起きてコーヒーを飲み、勤行をあげ、時には通勤途中コンビニへ寄ったりするゆとりが持てるようになりました。
転換期はというと大体今年の3月頃でしょうか。

・御本尊様が家に安置されるようになって、毎朝「御給仕」をするようになったこと。
・また毎日「唱題行」の実践を継続的に行ったこと。

顧みると、この2つを意欲的に取り組むようになったことが思い返されます。
朝、御本尊様に水をお供えすることが習慣的に身についてくると、ベットの中でそのことが頭をよぎるようになり、まるで「御本尊様に起される」かのように目覚めることが度々あります。
唱題行に関しては現在は毎日は行っておりませんが、樋田さんの動画を拝聴し、「変わるにはこれしかない!」と感銘を受け思い立ったが吉日、御住職様に御作法を確認の上、職場から帰宅後「夕飯前」に夕勤行と約1時間の唱題をひたすら行いました。
私はブルーカラー労働者の割には体力のない方なので、毎日帰宅後にこれをこなすのは、相当なパワーが必要でしたが、その頃から徐々に「今までとは違う目覚め方」を体感するようになりました。
今でも、前夜の就寝時間に関係なく、気が緩むとついつい数分寝過ごしてしまうことがあります。やはりそういう時は、信仰の行体の緩みがちであり、こういったてき面な現証は信仰の上で、行体の見直し、軌道修正の絶好の機会です。

とはいえ職場に朝遅れなくなったことは事実で、このことは正宗に移籍してより、生活上に目に見えて表れてきた果報の一端だと思います。
スポンサーサイト

H26/12/23 ブログ開設1年

年末の忙しさにかまけてブログの更新が滞留しております
12月を「師走」ということは知っておりましたが、今回改めて辞書を引いてみるとこのようなことが書かれておりました。

「師走は当て字で、語源は以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳である。
師走の主な語源説として、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」がある。」

語源に諸説あるとのことですが、上記の説明からわかることは、古来から「師」=「出家僧」であるという認識が一般的に定着していたであろうということです。
顕正会では在家である浅井会長を「師」と仰いで当たり前のような感覚でおりますが、それが如何に常識を無視した顕正会内だけの偏狭な信条であるかということが、こういうことからもわかると思います。

12月は「広布御供養」の推進の月。
寺院もない、僧侶もいない。「御供養」の本質とは一体何だろうかという観点からも、もう一度顕正会で信仰を続けることが果たして、大聖人様の意に適う修行の在り方なのか否か、一度立ち止まって、考え直すきっかけになればなぁと思います。

「熱原の方々を鏡に、御在世の信行に立ち返る」なんていいますが、熱原の方々は「師・出家僧」である日興上人の御教導があってこそ大仏事を成し遂げることができたんです。決して方々だけ力ではありません。
この熱原の方々の捨身の信心が戒壇の大御本尊様御建立の機縁となっているわけですから、これは「僧俗一致」の精神が基となって、三大秘法が成り立っているということがいえるのではないかと思います。

さて、記事の新規投稿をお休みしている間、「添え物は初音的なネギ」さんという元顕正会員の方からコメントがあり、少々やり取りさせて頂きました。

メッセージの内容から、「添え物は初音的なネギ」さんの意を察してコメントの一部を下に掲載したいと思います。

――――――――――――――

顯正会員さん、はやく目を覚ましてください!
ネットはみてもいいんです!
未だに会長を信じてるのはただのバカですよ!
壮年の方はもう気づいてます、
だって縮小してるってことは辞めてる会員が後を絶たない現実を表しているから…!
顯正会の戦いは大確信の基に発展するだけ、と会長は指導してますよね?
その理屈から辿ると壮年部消滅なんてありえないんです!
会社でもそうですよね?
利益になる有能な部署は発展しますよね!
同じことなのですよ!
どうか顯正会の若い世代の方にはいちはやくミミさんのブログを見ていただきたい!
未入信での御供養はホウボウの「財」障を積ませる仏弟子にあるまじき大ホウボウ者ですよ!

―――――――――――――――

私は顕正会経験者の方々がこういった声をもっと大にして世に訴えていくべきであると思うし、またこのブログが受け皿となって沢山の人の目に触れることを大いに望んでいます。

最近、このブログは体験談なんだか、法華講員としての破折記事なんだか、趣旨が錯雑として、無駄に間口を広げ過ぎた感が若干否めませんが、積極的にコメントをくれる方々は、法華講員さんよりむしろ、「添え物は初音的なネギ」さんのような立場の方が多い傾向にあり、そのことは大変喜ばしく思います。

先日、ブログタイトルが内容にそぐわないんじゃないかと御住職様にご指摘いただき、私としても確かにその通りだなぁと思いましたが、一方でこういったコメントを頂くということは、このブログが少しでも「止悪」の機運に貢献できている実感をもつことに繋がるので、これは私にとって大変励みとなります。
まだ法華講員として経験の浅い、私のような新参者が書く破折記事は自分自身、何とも中途半端だなぁと思うことも多々あるし、そもそも、数々の先輩ブロガーさんたちが過去に個々のブログにて破折し尽くされているので、結局はそういったもののコピペ作業となります。
ただ、私はタイムリーな破折に大きな意義があると思うので、そういった作業も個人的な研鑽と並行して徐々に行っていきたいなぁと思います。

なんだか間に合わせのような内容の記事となってしまいましたが、早いものでブログの開設から一年が経つので、今回は今後の展望と、私のブログに対する考えをサラッと綴ってみました
[ 2014/12/23 09:49 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(4)

9・10・11月法戦における女子部の折伏成果にツッコミ

20141207123439.jpg

上の写真は顕正新聞H26年12月5日号の第4面における、「9・10・11月折伏成果 3者内訳」。

いやぁ、たまげました。

「1名」って何ですか?
8月からカウントして、「4カ月間」。何やってたんですか?

もはや「区」としての存在価値はないでしょう。

今回の総幹部会において、更に女子部は182区・183区と新設され、一見すると組織が拡大されたかのようですが…
これは、「顕正会が大きくなっている」と会員に思い込ませるための「まやかし」です。

民主党議員候補者の事務所に顕正会員が突如乱入!

現在、民主党議員候補者の事務所にて、電話かけ等のお手伝いをしている知人から聞いた話です。

それは一昨日の出来事でした。

事務所内で知人を含めスタッフ一同が、忙しく電話かけ等している最中、突如、60代後半の壮年とみられる方が事務所に立ち入り、受付にて何やら、新聞片手に大声で何かを語り始めたそうです。

知人は、その話声の中から、
「日蓮大聖人様」「顕正会」「浅井先生」と聞こえてきたので、その壮年が顕正会員だと確信したそうです。

しかもなんとその顕正会員は、午前と夕方(滞在時間約10分)の二回に亘って乱入してきたそうで、午前中にはお客さん用のソファーに堂々と腰かけ、事務所内でちょっと浮いたような存在の方を捕まえ、30分程度話込んでいたようです。

おまけに、帰り際には、ボランティアで電話かけにきている女性にしつこく連絡先を聞き出そうとしていたとのこと。

このような顕正会員の無骨な振る舞いを耳にする度に、顕正会員であった頃の自分が本当に恥ずかしくなります。

きっとやっている本人は「清々しさで一杯」なのでしょうが。

つくづく残念な人達です

顕正新聞 平成26年12月5日号について(バカ者)

他にも顕正新聞12月5日号紙上において気になる点がいくつかあるので、指摘を入れておきたいと思います。
(もっとも端からツッコんでいるとキリがないので論点を絞ります)
まず、広布御供養の話に絡めて浅井会長は、

「阿部日顕などは、行事・法要にこと寄せては高級料亭で弟子たちと飲食し、時には芸者すら侍らせていたという。」

などと、また賞味期限切れの古いネタを使って、会員にウソを吹聴しています。
いい加減つまらないことを言って会員を騙すのはやめてもらいたいです。

ネタ元の例の「写真」について、情報詳細をwikiより引用します。以下。(尚、文中の『上人』は管理人が加筆しました。)

―――――――――――――――――
日蓮正宗側は創価新報に掲載された2枚の写真について以下の点を重大な疑問があるとし指摘した。

・ 日顕上人の顔が異様に背景から浮き上がっていること
・ ストロボで取られているはずの写真であるが、日顕の右後方にあるべき、ストロボ発光のための影が、全く見えないこと
・ 一枚の写真の中に、ブレとピンボケと鮮明な部分とが混在していること
・ 日顕上人の耳の形が実際と違う(実際は下側が小さい)こと
・ 日顕上人が部屋の中央でなく、部屋の隅に座っているのは不自然であること

また掲載された別の写真についても

・ わざわざ背景が塗りつぶされていること
・ 写真に写っている芸者の襟元に不自然な黒い部分があること
・ハカマの柄が、実際のものと違うこと
・日顕上人のあごの下の影が異様に濃くて不自然

と指摘。その後、日蓮正宗側は掲載されていた写真の鑑定をプロのカメラマンに依頼。鑑定の結果、写真はニセモノ(合成)であることが明らかとなり機関紙『妙観』『慧妙』で日時と場所を明らかにするよう攻勢を開始した。

――――――――――――――――――

詳細はこちらから御覧下さい。

次いで浅井会長は、

「顕正会は飲み食いなどに一銭も使ったことがない。宗門の御会式では、どの末寺でもそのあと必ず酒盛りをする。」

と発言。
おいおいおいおい、少なくともうちの末寺は酒盛りなどしてないぞ!
法要後のお花くずしの後、食事会のようなことはしましたが、酒は飲んでませんよ。
他の末寺もそういう事は聞きません。
それに「顕正会は」と言っていますが、正しくは「浅井一家以外の顕正会員は」でしょう。
御供養=浅井一家の資産なのですから。

そして、お決まりの政治経済への批判については、まず「消費税増税」について触れています。
曰く。

「私は、日本人はなぜ近視眼で目先のことしか考えないのかと思っております。誰だって増税はいやですよ。しかし、このままいけば、国家破産が待っているではないか。そうなったら、国民生活は奈落の底に落ちるのです。格好をつける人は、「借金を残せば、子・孫が苦労する」などというが、そんなに甘いものではない。もう国家破産は眼前なのです。そのことを見ずに、「今増税したら景気が腰折れをする」などと言っているのはバカ者です。(中略)本気で財政再建を考えるなら30%でしょう。」

いやいや、バカ者って。
いきなり消費税を30%なんかにしたら、一気に消費が落ち込んで、企業は軒並み破綻。そうなれば国家破産は眼前どころか、即実現してしまうではないか。
「借金を残せば、子・孫が苦労する」というのは事実なわけで別に格好つけているわけでもないと思います。
ところでなんで、今回の衆議院選に顕正会は立候補者出さなかったのでしょう。
外から批判しているだけではなくて、参加しましょう!政治に!
でなければ「口舌の徒」です。

創価学会の「戒壇の大御本尊様との決別宣言」に伴う顕正会の動向について

「弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません」(聖教新聞 11月8日号)

先般、11月7日に行われた「総務会」において創価学会は「創価学会会則 教義条項」の変更を議決。
そして同日の「全国総県長会議」の席上、会長原田稔は、今後、学会が自ら「御本尊を認定」するとして、上掲の如く述べた事実は、既に多くの方が聞き及ぶところではないかと思います。

当ブログは顕正会の批判に的を絞っているので、このことについてとやかく書くつもりはありませんが、既にネット上においても大勢の法華講員の方々が鋭い破折を展開するに至っている状況ですね。

当然この創価学会の会則変更を受けて、今後顕正会員においても「今こそ学会員を救わん!」と、会をあげた一気呵成の大規模な勧誘活動が展開されることは想像に難くありません。

浅井会長も常日頃から「八百万学会員を救いたい」と公言している以上、みすみすこの機会を逃すはずがありません。

上記した通り、この会則変更が行われたのは、11月7日。聖教新聞紙上で発表されたのはその翌日のことでした。

対して、顕正会の「総幹部会」が行われたのは、11月の26日。19日間もの期間があったのです。

今回いち早く情報をキャッチした顕正会員さんは、そのことについて浅井会長が一体どういった見解を示すのか非常に気になるところ。
当然「救っていこう!」となるのでしょうが、では一体どのようなツールが用意されるのか?また顕正新聞で特集号を組むのか?
いずれにせよ大本営にて公式見解と活動の具体的な方向性が定まらない限り、会員さん、特に役職が上がるほど下手には動けないはずなのです。

現時点で、水面下でこそこそと練り歩く顕正会員の動きが情報として入ってきておりますが、これらの方々はいわば「フライング」
本来、顕正会の場合、「浅井会長に使って頂く」という強い意識の下に成り立っている組織だけに、会員の早計で自分勝手な行動を極端に慎む傾向にあるといえます。

ですから、11月度総幹部会の席でどのような発表があるのかと、期待していた会員さんも少なくなかったはずなのです。
しかし…
19日間の猶予を経、満を持していよいよと期待が集まった11月度総幹部会において、浅井会長はそのことについてほとんど触れなかったのです。
顕正新聞12月5日号でいえば、短い段落でたったの4行だけ。

「学会は今回、改めて戒壇の大御本尊様を否定するに至った。完全に第六天の魔王にたぶらかされてしまったのです。このこと、詳しくは後日説明いたします。」

これには、私も拍子抜けしてしまいました。

因みに、日蓮正宗において、破折・配布用の大百法号外が発刊されたのが11月21日号。

「負けてはならじ!遅れてはならじ!」といつも修羅っ気ムンムンの浅井会長が、今回の「学会員を救う絶好のチャンス」に当って、すぐに会員に対し掛け声を発しないというのは、非常に異様であり存外なことです。

このレスポンスの悪さです。

あぁ、いよいよ浅井会長もタガが緩んできたな。

と思う次第です。

読み方も顕正会流

「お大会式」ではなく、正しくは「大会式」です。
因みに通常、末寺で行われるものは「お会式」と呼ばれます。

「お観念文」ではなく、正しくは「観念文」です。

「日寛上人」は「にっかんしょうにん」ではなく、正しくは「にちかんしょうにん」です。

日曜勤行で浅井会長導師の時、「日霑上人」の御事を「にってんしょうにん」ってふうに聞こえますが、「にってんしょうにん」なら、御歴代の中の第20世に「日典上人」って御方がちゃんといらっしゃいます。

御作法も皆自己流

顕正会員時代を顧みると、会員の皆がそれぞれ自己流の御作法であったということが思い返されます。
身口意の三業がバラバラであるのは、顕正会の「異体同心」とは単なる掛け声のみで、実態が伴わない現実を如実に表しているのではないでしょうか。

まずは合掌の位置。

基本的に合掌は「口の前」が多いと思います。会長先生がそうですから、顕正会ではこのスタイルが通例でしょう。
しかし、会館で勤行していると、中には頭上までいっちゃってる人を見かけます。
と、思いきや本部会館で、総男子部長がおへその前当りで合掌しているのを見かけました。たまたまでしょうか?

次にお題目。

K峰理事が「なんみょう~ほ~うれ~んげ~きょ~ぃ
って言ってます。本当です。本部で早朝勤行に参加したり、日曜勤行での声を良く聞いているとわかります。
それから頭の「南無」、特に「南」の部分にアクセントをおく人と、そうでない人に分かれます。

次に一斉勤行の際、御観念文の時の姿勢について。

これは正宗信徒さんでも礼の深さは人によって微妙に異なりますが、その人の体系などの要素が絡むので、多少の違いは許容範囲内かと思われます。
しかし顕正会の礼はほとんどが皆、すごく深いです。
頭よりお尻の位置の方が高い人が結構います。
おでこも畳についてる人までいます。そういう人は大概寝てます。
勤行終了後、真っ赤なおでこに畳を痕がついちゃってます。

最後に極め付けは意味不明な「ご挨拶」

ビデオ放映や会合の前にお題目をゆっくり三唱、礼、を二回繰り返す。
個人的な勤行の際には、始めと終わりにそれを素早く行う。
顕正会の中にいると古くから行われてきたごく当たり前のことだと思われがちでしょう…
実際昔がどうだったかというのは良くわかりませんが、現在日蓮正宗ではお題目三唱、一礼は一回のみです。
これが浅井先生verだと、二回繰り返した後、小声で「南無日蓮大聖人」とつぶやきます。
これに倣って会員もつぶやく人が多いですが、全員が全員そうなのかと思いきや、これもまた十人十色。
つぶやかない人もいれば、「南無日蓮大聖人」の後、更に小声で「南無妙法蓮華経」とささやく人もいるし、
奇異な例を挙げれば「南無日蓮大聖人南無日興上人南無日目上人南無日寛聖人南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経…」
と、ささやきが妙に長い人。
十回くらい素早く礼をする人。(すごく大変そう)
一回礼をするのに一分くらいかかっちゃう人。(先輩がそうでした)

知る人に言わせれば、日蓮正宗でも御僧侶によっては数珠のかけ方やリンの回数が若干違うではないかとつっこまれそうですが、これは日達上人が「年分得度制」を定める以前の「末寺得度制」の名残が若干残っているためだと思われます。

しかし方々はあくまで師に倣って現在の御作法が染みついているわけで、顕正会員は多くの場合、自らが考案した独自のものだと思われます。

師匠である浅井会長自身が勝手に御観念文を自己流に変えてしまうような人ですから、『師は針・弟子は糸の如く』ということでしょう。
なんでもアリといった有様です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。