スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会 脱会方法



ブログは移転致しました。お手数ですがこちらからお進みください

破邪顕正

またもや下らぬブログを開設する顕正クズレが出現しましたね。
このような連中を量産してしまう顕正会の在り方にも全く問題がないとは言い切れないと思いますが、どうしても御遺命の正義は国立戒壇です。
このことは間違いありません。
顕正会が正義たる所以は「国立戒壇を目指し戦う」故です。
安易に反旗を翻してしまったあなた方には、失望しました。
[ 2014/01/01 20:33 ] [ 編集 ]

又三郎Zさんへ

元日からご苦労様です。

まず本尊義が定まらずして、戒壇義を語る資格がありましょうか?

ブログ内で既に書かせて頂いた様に顕正会館にある『大幅の日布上人の御形木御本尊』なるものは『偽』でございます。


[ 2014/01/02 22:38 ] [ 編集 ]

そもそも

既に言い尽くされた議論で不毛ですが、過疎な模様故返答します。
「御本尊様に関することは恐れ多い故に我々信徒の立場で云々する事は慎むべきである」です。
顕正会を不当に解散処分にした事由は既に消滅しているにも関わらず、未だに法華講等を動員して顕正会及び浅井先生に悪態をついている現在の宗門こそ無責任かつ恥知らずと言うべきです。
さらに、手継ぎの師匠を裏切ってそこに与したあなた方は、恥さらしと言うべきです。
[ 2014/01/04 16:40 ] [ 編集 ]

又三郎Zさんへ

その慎む立場である浅井会長が勝手に御本尊を作っているから問題なのです。
浅井会長が特別な権限を握っているわけではありませんよね?自分のところの教祖がやったことは全て正しい、といった考えでは世間からは認められません。それこそオウムと同じではないですか。
[ 2014/01/05 13:18 ] [ 編集 ]

故意か悪意か

事実誤認と歪曲、捏造が入り交じっていますね。
まず、あなたのいう「御本尊様作成、真偽」疑惑について、確たる証拠はありますか?しっかり提示して下さい。

また、浅井先生は教祖ではありません。元顕であるあなたがその事を知らないはずはない。為にする悪意の歪曲ですね。
恥を知るべきです。
浅井先生は顕正会の会長先生です。
それ以上でも以下でもありません。
予言者でもありません。
「広布朝夕近いし」の大情熱、大忠誠のまま、星霜50余年、顕正会の先頭に立って戦ってこられました。
先生の命がけの諌めあればこそ、今の宗門の姿があるです。 
[ 2014/01/07 22:22 ] [ 編集 ]

又三郎Zさん。悪意は微塵もなく、顕正会員を救いたい一心です!!

御本尊については当ブログに書いた通りです。もう一度心を糺し、じっくりと読み返されませ。
要するに、日蓮正宗において下附した事の“ない”御本尊を“ある”ということこそが本尊作成の厳たる証拠ではないですか。
また『教祖(きょうそ)とは、宗教や宗派の創始者もしくは(必ずしも歴史的には裏付けられなくても)創始者として崇められている人のことである。』(Wikipedia)と。
正にその意ではないですか。

そして質問ですが「先生の命がけの諌めあればこそ、今の宗門の姿があるのです。」と仰る又三郎Zさんの目からみた今の宗門の姿とはどのような姿なのですか?人によって見え方も様々なので、参考にお聞かせ下さい。
[ 2014/01/08 00:33 ] [ 編集 ]

全く証拠にならず

今晩は。

それは全く証拠になりませんよ(笑)
証拠というからには、責任者の証言と物的証拠が最低限必要です。
しっかり提示してください。

また、「教祖」ではなく「会長」先生です。悪意の歪曲はやめましょう。浅井先生は強く尊敬されこそすれ崇められてはおりません。池田大作と一緒にしてはいけません。

「現在の宗門の姿」とは、大御本尊様を御遷座申し上げ、正本堂を破壊撤去し、学会を解散処分及び池田を信徒除名処分にした という姿です。
あとは、国立戒壇の正義を公式に内外に喧伝するだけです。
[ 2014/01/08 18:45 ] [ 編集 ]

又三郎Zさんへ

“誰にでもわかる顕正会の誤り”や“大石寺の名を詐称する顕正会の悪義を破す”等は読まれましたでしょうか?
理境坊住職の小川只道師(大石寺執事・理事)監修とありますから、日蓮正宗が正式に発行を認めている一書と言えるでしょう。
この書のP63~、ニセ本尊作りに手を染めた顕正会とあります。
御本尊の御事は、唯授一人、御法主上人の掌中にあるわけですから、猊下がお認めになった形で発行されているこの書物が物的証拠といえます。

それから、前文にも引用・記載しましたが『教祖(きょうそ)とは、宗教や宗派の創始者』が最も一般的解釈です。
浅井会長が顕正会と名付け、興したわけですから、まさに教祖ですね。この事をあなた以外のほとんどの顕正会も否定するのですが、世間からの目は違うのです。
『冨士大石寺顕正会(ふじたいせきじけんしょうかい)は、埼玉県さいたま市大宮区寿能町(届け出上は東京都板橋区常盤台)に本部を置く仏教系新興宗教団体。』(Wikipedia)
事実の理解に全力で努めましょうね。
私とて顕正会時代は、頑迷、盲目となり、私を思ってくれる友人の忠告にも馬耳東風でした。
顕正会がカルトたる所以はこれです。

最後に、私の質問に対し回答有難うございます。しかし「大御本尊様を御遷座」「正本堂を破壊撤去」「学会を解散処分及び池田を信徒除名処分」と3つ挙げられましたが、残念なことに3つとも顕正会とはなんら関わりのない事柄なんですね。
浅井先生の命がけのお諫めとやらは、会内部に向けたパフォーマンス・演技以外の何でもないですね。
3つとも日顕上人がお決めになり実行せられたのです。
解りますか?他人がやった事を自分がやったと見せかける、浅井会長の謀りがいかに狡猾であったか、よくよくこれを思うことです。
[ 2014/01/09 23:10 ] [ 編集 ]

何故顕正会員は功徳を失ったか

ブログ主様失礼します。
いっそのこと、創価学会みたいに勝手にご本尊作成したと正直に告白したらどうなんだろうね。
本物であるとの証明はできないんだろ。結局まがいもの宗教なんだよ。
「浅井先生は強く尊敬されこそすれ崇められてはおりません。」とは本当に顕正会員のいうことなんだろうか?
伏せ拝って誰に対してあんたたちやっているの?
あたらない予言を連発して畏れ多くも大聖人様きどりは一体だれなんだろうね。
今年で更に顕正会に諸天の守護が全くないことが現れてきてるからね。
[ 2014/01/10 01:15 ] [ 編集 ]

謝罪

すみません!昨夜私がしたコメントを1つ削除しました!Pさん宛てに書いたのですが、ねぼけて&私の勘違いで内容がちんぷんかんぷんになってました(泣)多分見られた方は意味わかんなかったと思います!
[ 2014/01/10 12:18 ] [ 編集 ]

Pさんへ

Pさんへ
鋭いご発言ありがとうございます。本当その通りだと思います。
顕正会衛護規則
その1、浅井先生を護る
その2、御本尊様を護る
その3、顕正会員を護る
幹部の苦し紛れの誤魔化し解釈が(聞いた話ですが)「会館も浅井先生のものだから…つまり会館を護ることなんだー!」と笑
[ 2014/01/10 12:38 ] [ 編集 ]

どんな

今晩は。

日常生活の中で、顕正会や学会の噂や怨嫉はしばしば耳にしますが、宗門及び法華講についてはその存在すら耳にしません。はぐれメタルよりさらにレアです。

これは法華講の実数が極小であり、弘通も全く問題にすらならないレベルということではないですか?
また、「顕正会員が続々脱会、御受戒」などと盛んに煽ってますが、昨年年間の顕正会→法華講の人数は合計何名でしょうか?
教えて下さい。
[ 2014/01/11 23:22 ] [ 編集 ]

又三郎Zさんへ

まず、前回のコメントに対し貴方はスルーし、話題をすり替えました。創価学会の方も同じですが。
一つのお題にしっかりと向き合って話が出来ない人は法論などする資格はないと言えましょう。ニセ本尊や浅井が教祖と認めた事と見なされ、あなたは自分で墓穴を掘る結果となったのです。ネット上の事ですから、公開法論だと思って臨んで下さい。逃げたり話題を逸らすのなら初めから下手なコメントは入れない事です。私以外の法華講員の方のブログに対してもそうですよ。

それでは、顕正会は数字こそ上がっていますが、一体何を流布しているのかが問題ですよね?いくらニセ物の本尊を弘めても広宣流布とは何の関係もないのです。浅井会長の財布が膨らんでいくだけですから。
それから貴方が一体どの様な日常生活を送っているのか私は知りませんが、それは貴方だけの世間で物事を計っているに過ぎなく、自分だけの狭い世界観を、即一般的な認知と見る事は正に“井の中の蛙”と言えましょう。
[ 2014/01/13 21:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/1-7b7edfc0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。