スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浅井会長「当たらぬ予言」 近年の安倍政権への予言集


「やがて制御の利かない悪性インフレが始まり、(中略)あっという間に国家破産が現実になるのです。(中略)そのとき、政治家は誰も責任をとらない。安倍晋三さんも」 (顕正新聞平成25年2月5日号)

「安倍首相はいまTPPとアベノミクスを原発推進にのめり込んでいる。だが、必ずこれが裏目となるから、よく見ててごらんなさい。」 (顕正新聞 平成25年4月5日号)

「安倍首相はいま「アベノミクス」「TPP」「原発推進」等の政策を打ち出している。だが必ず裏目となる。これが日本の破滅の入り口になるから、みていてごらんなさい。」 (顕正新聞 平成25年5月5日号)
「阿部政権のロケットスタートは必ず「始め良し、後で大罰」となる。(中略)アベノミクスはやがて国債暴落とハイパーインフレを招いて、国民を奈落の底に突き落とす。」 (顕正新聞 平成25年6月5日号)

「安倍内閣のロケットスタートは、まもなくロケット落としになる。まさに「始め良し、後で大罰」の真言亡国そのままの姿を現ずるから、よーく見ていてほしい。」 (顕正新聞 平成25年7月5日号)

「阿部政権の経済対策、いわゆるアベノミクスなるものは、かえって国家破産を早めつつあるではないか。(中略)こんな無謀な事が続くわけがない。やがて国債は暴落して国家破産が事実となる。そしてハイパーインフレによって国民は塗炭の苦しみを味わうのであります。」 (顕正新聞 平成25年8月5日号)

「無謀なアベノミクスは必ず国家破産とハイパーインフレをもたらす。そのとき国民は生活に苦しみ食料も手に入らなくなる。これまさしく穀貴に当る。日本国民は騙されて、まだ気がつかない」 (顕正新聞 平成25年9月5日号)

「安倍首相は就任一年、順風満帆のロケットスタートに心驕って判断を誤ったのであろう。これが安倍政権崩壊の始まりになることは疑いない。」 (顕正新聞 平成26年1月5日号)

「国民を幻惑してきたアベノミクスも、まもなく馬脚を現すに違いない。(中略)このアベノミクスのまやかしに、間もなく全国民が気付く。そのときが阿部政権の「ザ・エンド」であります。」 (顕正新聞 平成26年2月5日号)

「すべては昨年末の靖国参拝に端を発している。まさにこれが安倍政権のターニングポイントであった。そしてこれが終わりの始まりなのであります。」 (平成26年 3月5日号)

------------------------
近年の浅井会長の安倍政権に対する批判・予言を列挙してみました。

安倍政権が一昨年の12月の発足して以降、浅井会長は総幹部会の度に安倍政権の崩壊を「必ず」や「疑いない」と断定的に予言し続けました。

それが、平成25年8月度総幹部会まで続きますが、その後は創価学会へ批判が中心となり、一時安倍政権への批判が止みます。

そして、本年、平成26年に入ると、また元の路線に軌道修正して、安倍政権の断定的な批判を始めます。ところが最近では言い回しが断定的ではなくなってきているのです。

だんだん自身の過去の発言に、自信がなくなってきてしまったのでしょうか?

しかし講演の一部始終が国際情勢や政治の話で埋め尽くされており、最近はその傾向は顕著になってきております。
いくら有識者の論を借りたところで、用いるのは会長その人、所詮は個人の所感でしかありません。

もはや、宗教者としてはあるまじき講演内容であり、信仰の団体とは到底思えませんね。

顕正会員さんは「予言」ではなく「お励まし」と言うのでしょうが、
予言とは
「未来の出来事や未知の事柄をあらかじめいうこと。また,その言葉。」(大辞林)
との意です。

「時に当たりて我が為国の為大事なる事を、少しも勘(かんが)へたが(違)へざるが智者にては候なり」(蒙古使御書)

との大聖人様の仰せを拝するに、大事なる事を違いまくる浅井会長が智者である道理はなく、反対に「愚者」であり、そのような人は「邪師」といわなければなりません。
続く。

少し前までの浅井会長は、地震や経済や中国の話で亡国が近いことを話す機会は多くても、政権そのものを何度も批判したり、具体的な政策をここまで詳しく批判したことはなかったように思います。

不安を煽るのに必死なんでしょうかね~。
それとも今は学会・宗門ネタが使いづらい状況なのかな。

続きも楽しみです(^^)/

[ 2014/06/27 07:32 ] [ 編集 ]

セロリさんへ

こんばんは★
コメント頂いてからだいぶ日が経ってしまいましたね(*_*;
確かに、ここまで具体的に批判をすることはなかったかもしれませんね!
安倍首相に個人的恨みでもあるかの如くですね!
稼業の教祖から政治ジャーナリストに転職でもするつもりなのでしょうか(笑)
ゆっくり続編書いていこうと思います!
[ 2014/07/03 23:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/105-d8ab0592











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。