スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浅井会長「当らぬ予言」 仏の御意に適わぬ振舞

私のヤフーブログに良くコメントして下さる真田亮さんから今回この様なコメントを頂きました。

――――――――――――――――――――――

昨日、顕正会員から面白いコメントがきました。
>>[130] はっちゃんさん
ごめん。コメントを消してしまった。コメント再度載せる。
だんだん、客観情勢は、浅井先生のおっしゃる通りに、なっとるばいm(_ _)m先生は、仏法の鏡に照らして、指導をされてる。
だから、先生がいわれた事が、時期がずれても、必ず起こる。
完璧に事態が起こる時期を当てるのは、出来なくて当たり前。
予言者ぶってると騒ぎたければ、好きなだけ騒いだらいい。
歌については、自分はわからない。ただ、そこについては、深く考える必要は、ないだろう。

--------------------------------------------

「客観情勢は浅井先生の仰せの通りになってきている」

そしてその後の、
「先生は仏法の鏡に照らして指導している」

実はこの二つの主張が矛盾していることに顕正会員さんは気が付かなければいけません。

このコメントの内容というのは一顕正会員が真田亮さんに対して、つまり他宗の人に対して言っているわけですから、当然顕正会員さんの側からすれば「折伏」の意義を含むやり取りであった事に違いありません。

その事を念頭においた上で下記の御金言を拝してみて下さい。

『小蒙古の人大日本国に寄せ来たるの事
 我が門弟並びに檀那の中に、若しは他人に向かひ、将又(はたまた)自ら言語に及ぶべからず。若し此の旨に違背せばを離すべき等の由(よし)存知する所なり。此の旨を以て人々に示すべく候なり』(小蒙古御書)

これは、二度目の蒙古の攻めがあった当時、大聖人様が著された御書です。

「つまり、今は国家の一大事である。我が門弟および信徒は、他人に対してはもちろんのこと、私語のなかにもけっして予言の的中を誇るようなことはあってはならない。今は予言の的中をうんぬんすべき時ではなく、一国をあげて国難に対処すべき時である。もし、これに違背する者があれば、即刻破門にするむねを厳しく勧告されているのです。」(日蓮大聖人正伝参照)

きっと顕正会員さんは浅井会長の予言が的中したならば「ほら、顕正会は正しいだろう!」と言って回るに違いありません。

家庭もかえりみず我が身投げ打って折伏に飛び回るに違いありません。

しかし違うのです。

仏法の指導者であれば、その様なことを会員に促すという事は大聖人様の御意に反した行為となるのです。

『「一切世間の治生産業(じしょうさんごう)は皆実相と相違背せず」とは此なり』(壇越某御返事)

難に対処する事が最優先であり、またそのようなことは他ならぬ仏法の実践であるということではないでしょうか。

東日本大震災の時、どうだったでしょう。

浅井会長は東北の顕正会館に食料を届け、結果、会員からは称揚されましたが、一方で世間に対しての善行は何かありましたでしょうか?
10億円の遺産相続金がありながら、実際はその溢れんばかりの金銭のほんの一握りを会員に分け与えただけなのです。

因みに日蓮正宗では、毎年のお経日には震災で亡くなった方の塔婆を立てて供養します。

それから、9・11の折には、日顕上人は現地に赴かれ、追悼法要を執り行われました。
大聖人様の御意に適った、宗教者として当然のお振舞なのです。

仏法を極端に曲げて捉え、仏智に適わぬ振舞をすれば、世間との溝はいよいよ深くなりますし、布教に障りが生じることになるのです。

まずはどうか顕正会員さんには、人間の心を取り戻して頂きたいと願います。

顕正会?男子部大会

男子部大会行って来ました。
はっきり言って右翼団体です。
日蓮大聖人の教えを無視しています。
大聖人は、親を思う心こそ仏道の道。
憎しみ、裏切りが有ってはならぬ。
大衆に苦罪無し。
福寿の海無量なり。

[ 2014/09/09 23:01 ] [ 編集 ]

ホタルさんへ

こんばんは(^-^)
男子部大会お疲れ様でした!
そうですか、右翼団体の様でしたか…。
確かに、浅井会長の講演は政治や経済の話が大部分を占めていますし、登壇も現世利益と浅井会長にお応えする決意を発表するばかりで、肝心な大聖人様の教えを無視していますよね(-_-;)
御書なども切り文して顕正会の都合の良い様に意味をすりかえているものが多いですね。
[ 2014/09/10 22:35 ] [ 編集 ]

浅井はただのペテン師

こんにちは、10年ほど前まで会員でした。

私は岩手に住んでおりますがあの東北大震災は凄惨なものでした…
職場もガタガタになり、2ヶ月ほどまともに機能しませんでした。

小田原地震は秒読み止まりましたが東北にはきましたね、
予言から実に12年?ですか、んー大した的中率()だ。

浅井はただのペテン師です、多数の信徒さんの純心につけこんでる。
[ 2014/12/14 10:50 ] [ 編集 ]

添え物は初音的なネギさんへ

こんばんは★
東北の大震災は本当に大変でしたね。
先日の広島の土砂災害の件に対してもそうですが、浅井会長はこういった自然災害を「諸天の戒め」とか言ってしまうのはどうかと思います。まず、まともに布教を頑張ろうという精神ではないと思います。
許し難いのは「冨士大石寺顕正会」と自称していること。詐欺も甚だしいです。
[ 2014/12/14 20:27 ] [ 編集 ]

Re:ミミさん

ありがとうございます、私は内陸に住んでいたので津波の被害は免れましたが、
大船渡や釜石市は本当に凄惨な状況で、津波の土砂に埋まったご遺体など目を覆いたくなります。

あれを「諸天の戒め」と片づけてしまう浅井、顕正会員には本当に憤慨します。

浅井は国立戒壇を立てれば日本は守られると自称していますが、
守られる前に三災七難が起きてたら意味ないですよね、本末転倒。

顕正会員は自分たちだけ守られればよろしいのでしょうか?
逆縁強情の者には「勝手に滅べばいい」とか捨てセリフを吐きますが、
もうその時点で大聖人様の弟子とは呼べないと思います。

会員には贅沢や三毒を捨てさせてご奉公にお金を投資させる傍ら、
あんな大豪邸に住んでる浅井は池田氏となんら変わりません。

浅井は東北大震災で両親を失った子供に仏法を語れるのでしょうか?
「あなたの一家は仏法に背いてるから諸天に断罪されたんですよ」
およそ人としてありえない、白蓮華のような組織だ?
頭の中までお花畑なんでしょうね。
[ 2014/12/14 23:30 ] [ 編集 ]

添え物は初音的なネギ

こんばんは★
当時の現場の生々しい映像から、どれ程悲惨極まる災害であったかがわかります。
ちなみに日蓮正宗各末寺では、毎年三月に災害で亡くなられた方々の塔婆を建立し、追善供養を行っております。

浅井会長は災害直後の講演で、「今回の地震・津波で顕正会員は1人も被害を受けることはなかった」と明言していましたが、実際に被災された顕正会員さんにおいては、その軽々しい発言を受けて一体どのように感じたことでしょうね。

「顕正会員は」というのが、折伏実践者のことを言っているのか、それとも活動に消極的な会員も含まれるのか、どの様な定義なのか甚だ疑問でした。

自分たちだけが守られると本気で信じていると思います。そのように世間に「言い切って」まわっているでしょう。

そもそも人に対して「護られる・護られない」と白黒・二極の価値観で短絡的に決めつけてしまうこと自体、「何様かな?」と思ってしまいますね(*_*;
[ 2014/12/15 21:09 ] [ 編集 ]

Re:ミミさん

そこなんですよ、浅井の狡猾さは。
あたかも顕正会員だけが護られたように言い切る。

もし私がまだ現役会員なら浅井の発言に幻滅して顕正会から離れてたことでしょう。

とっくに組織から離れて信心もしておりませんが、
私が現役会員だったとしても顕正会員云々関係なくあの哀しみを傷み、
追悼の念を禁じ得ません、顕正会員以前にそれが人としての在り方です。

もし一般顕正会員が浅井の「地震で被害は~」言葉を信じきっているのなら…
それはもう人じゃない悪鬼だと私は思います、と同時に。

現役顕正会員が哀れでなりません。
[ 2014/12/15 22:17 ] [ 編集 ]

添え物は初音的なネギさんへ

中にどっぷりつかっていると解らないものですが、顕正会員の言動は本当に非人道的だと思います。あのような軽々しい発言を絶対に許してはいけないと思います。
道徳的、倫理的な方も中にはいらっしゃいますが、そういう方は顕正会では昇格できないですね。
顕正会が求める理想の人物像から、団体の真の目的がわかりますね。
浅井会長にオールイエス君が無条件で上長のお眼鏡に適う。また、「先生仰せの通り」=マインドコントロールの手法に則した活動内容となるから、自然にそのマインドコントロールの輪は拡大。結果、役職が押し上げられていくシステムですね。
哀れです。大事な今生人界を大切に過ごしてほしいですね。
浅井会長は、人、就中「若い人」の可能性を奪う、破壊的な存在だと思います。
ただ「依法不依人」なので、私としては決して怨恨ばかりが残っているというわけではなく、現在法華講員として信仰できるのは浅井会長のおかげでもあると今では思えます。
間違ったことに対して毅然とした態度で逃げずに相対するという姿勢も素晴らしいと思います。
しかし、会長の厚かましく行き過ぎた行為の奥には「慢心」の心根があったのでしょう。
もっとも、あの「武勇伝」には誇張されている部分がかなり多いと思いますが(^-^;
[ 2014/12/17 22:18 ] [ 編集 ]

Re:ミミさん

そうですかー
倫理的、道徳的な人は昇進できないですかー

だから私は班長止まりだったんですねー(遠い目

でも、顕正会の信心から離れたおかげで人としての心は取り戻せました。

you tubeにて
manamiさんとキツネ隊長さんの対話やりとり…
色んな意味で笑えます、隊長さんでもこの程度なのかと。
樋田さんの動画各位は衝撃でした。
[ 2014/12/18 22:54 ] [ 編集 ]

添え物は初音的なネギさんへ

私も班長から上にはいけませんでした(笑)
実際、会に対して貢献してきた古参の方々は、教学力も人生経験も豊富。人を指導する素質に富む優れた方々が、次々と粛清され、班長・組長に左遷されているケースは多いですね。
一方、名利の強い学会出身者が上層部にのさばっているというのも事実。
特記すべき近年の傾向は、若輩者の人材抜擢が多い事…
数年前の20歳(だったかな?)の隊長に始まり、浅学で稚拙な人間の登用が目立つように思えます。
白眉・聡明な人材は顕正会にとって害となることが解っているからでしょう。
そういえば最近、「亡国の坂道」というブログの主さんも上述のような趣旨の不満をブログ内で吐露していましたが…。
私は直接的な関わりはありませんが、K・Sさんや流星雨さんの件で会側も随分懲りたのでしょう(^-^;
私なんかは多感で潔白な19の時に勧誘されてしまったもので(^-^;
辞められて本当に良かった。「人」として着実に歩んでいることは何より幸せです。
大体、ある程度常識的な感覚と一般的な知識・見識があれば、「国立戒壇」とか先の地震の際の問題発言で「だめだこりゃ」となるのは当然ですもんね。
部長クラスは、若い時にしっかりマインドコントロールを施され、世間知らずな人が顔を並べています。
樋田さんには本当に感謝です。動画とはなんとも前衛的ですし、何より合理的だと思います。

いやぁ、元顕さんからコメントとなるとついつい長話をしてしまいますね(^-^;
[ 2014/12/18 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/108-3e77d868











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。