スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会の本尊は何故「ニセ」なのか?

もしカラーコピーで紙幣を複写し、お札を作製するとします。どんなに本物を見分けがつかないほど精巧につくられたとしても、それは『ニセ札』であり、作製し使用すれば法的に罰せられることになります。なぜなら、

1、政府の正式な許可がなく
2、日本銀行から発行されたものではなく
3、自分で勝手に作ったもの

だからです。顕正会の「ニセ本尊」もまったく同じ道理です。

1、御法主上人の許可を受けず
2、総本山から下付されたものではなく
3、顕正会が御本尊を勝手にコピーして作製したもの

だから「ニセ本尊」というのです。

以上の1~3の中で、顕正会員さんにとって特に事実として受け入れ難いのは三番目の理由ではないでしょうか?

顕正会員さんとお話をする中で、こちらが「顕正会の本尊はニセ物です!」と指摘すると、相手方はまるで鳩が豆鉄砲を食ったように、「一体何を言い出すのだろうこの人は?」と言わんばかりの表情を浮かべながら、きょとんとしてしまう人がしばしばいらっしゃいます。

私も7年間顕正会に在籍して、苦しい時も楽しい時も、顕正会の本尊に題目をあげてきた過去がありますから、「ニセ本尊」と指摘された時の顕正会員の心中は少なからず察し得ます。

私自身も初めて「ニセ本尊」と耳にしたときは、一体何の事を言っているのか皆目見当もつきませんでした。

そこで私はそのような方に対し、次のような例を示して説明してあげています。

あなた(顕正会員)はまず、顕正会館に安置されている御本尊をデジカメで撮影します。

それを持ち帰り、パソコンに落とします。

その御本尊の画像の中で余計だと思う箇所や、都合の悪い箇所を編集して削除します。

その画像編集した御本尊をプリントアウトして、壁に掛けます。

あなたはそのようなもの(本尊)を有難く拝めますか?

すると、多くの顕正会員さんは、決まって顔をしわめながら、「そんな恐れ多いことはできるわけありません」と、仰います。

しかし、浅井先生はそれをやってしまっているのです。

あなた(顕正会員)が日々参詣し、題目をあげている顕正会館の本尊とはそのようなものなのです。

続く。

こんばんは

こんばんは。

先生は、「日布上人の御形木御本尊は松本師から託された」と指導しているので、顕正会員としては、その言葉を信じるしか無いと言うのが本音だと思います。

顕正会員は御本尊に関しては無知なので、ミミさんに質問なんですが

1、御形木御本尊は入信して間もない信者に貸与される仮の御本尊だから、小サイズしか存在せず、中、大は例外無く存在しないのでしょうか?(特別御形木御本尊という種類があるみたいですが)

2、導師曼陀羅の御形木(印刷された)というのは、存在しないのでしょうか?

3、御入仏式の時だけ日布上人の常住御本尊を使い、後日、違う御本尊に換えているのでは?


4、御入仏式は先生が行っていますが、出家した僧侶ではなく、在家の会代表者が行ってもいいものなんでしょうか?(顕正会には僧侶は居ません)

以上、質問というよりは、教えて貰いたいというのが本音です。
暇な時にでも、お答え戴けたら幸いです。
[ 2014/11/02 20:47 ] [ 編集 ]

みきやさんへ

こんばんは★返信遅れてしまいすみません。
ご質問に対して回答致します。

「1、御形木御本尊は入信して間もない信者に貸与される仮の御本尊だから、小サイズしか存在せず、中、大は例外無く存在しないのでしょうか?(特別御形木御本尊という種類があるみたいですが)」

特別御形木御本尊は存在します。ただサイズについての回答は少々お待ちいただけますでしょうか?曖昧な回答
にしたくないので、現在確認中です。解り次第またこちらのコメント欄にて回答を掲載致します。

「2、導師曼陀羅の御形木(印刷された)というのは、存在しないのでしょうか?」

日蓮正宗における「導師御本尊」に御形木は存在しません。すべて直筆です。寺院名、御僧侶のお名前が授与書きとして入ります。葬儀の執行は御僧侶の特権という前提条件を踏まえて考えれば、この導師御本尊を在家信徒が扱うようなケースは本来ありえません。

「3、御入仏式の時だけ日布上人の常住御本尊を使い、後日、違う御本尊に換えているのでは?」

まず浅井会長が松本元住職から譲り受けたとされる「日布上人の常住様」が、板であるのか紙幅であるのか定かではありません。それに、常住様には必ず、個人名か寺院名が入りますが、御入仏式の際の御本尊に「妙縁寺」の記載があったでしょうか?過去にあっつぁさんがネットにあげた御本尊の画像は、御入仏式の際のものと思われますが、寺院名の記載はありません。(顕正会本尊で画像検索するとすぐに確認できます)

4、御入仏式は先生が行っていますが、出家した僧侶ではなく、在家の会代表者が行ってもいいものなんでしょうか?(顕正会には僧侶は居ません)

寺院の落成、入仏に在家信徒だけなんて日蓮正宗では120%ありえません。
自宅の入仏式に関しても、まずは必ず寺院にて授与の儀式が御住職の下で執行されます。その後、自宅に移動してやはり御僧侶によって入仏式が執行されます。原則的にはそのように総本山で決められているようです。
ただし、御僧侶が忙しいなど止む負えない場合に限り、御僧侶の命を受けた在家信徒が、あくまで御僧侶の代理として入仏式を行うケースがあります。(私の現在の菩提寺の状況ではありえませんが他の支部ではそのような事例を実際に耳にしたことがあります)
いずれにしても、御僧侶の命を受けることが条件ですから、授与の儀式を行った御僧侶のあずかり知れぬところで入仏式が行われるケースはあり得ません。
[ 2014/11/05 19:43 ] [ 編集 ]

おはようございます

ご返答ありがとうございます。

1、3、4については了解しました。


2、についてですが。


『日蓮正宗における「導師御本尊」に御形木は存在しません。すべて直筆です。寺院名、御僧侶のお名前が授与書きとして入ります。』
と言う事ですね
考えてみれば、葬式は一生に一度きりの大事な行事なので御形木ではなく、直筆の導師御本尊で、という事なんでしょうね。そこは納得です。

昔、顕正寺には村松貞道氏という住職が居て、顕正会員の葬式を執り行うべく全国を飛び回っていたそうですが、宗門が、村松氏名義の導師御本尊を授与したとは考えにくいので、松本日仁師が先生に渡した御形木導師御本尊を使用していたんでしょうかね?

どなたかがブログの中で、班員さんが活動中に亡くなり、村松氏に葬儀を執り行って貰ったが、明らかに不成仏の相を現じていた、と書かれてあった記事を読んだ事があります。

先生の言う事が正しいなら、何で、松本師は、導師御本尊をコピーしたのか?
という事ですね。
[ 2014/11/09 04:22 ] [ 編集 ]

訂正です

訂正です。m(__)m


御形木は日布上人の「大日蓮華山大石寺」の脇書きがある導師本尊で(他に?) 「日布上人、日昇上人の四幅の導師曼荼羅」があるみたいですね(後に六幅になってますが)
こちらの方を使用したのかもしれません。
[ 2014/11/09 17:32 ] [ 編集 ]

みきやさんへ

返信ありがとうございます。
色々と思われるところがあるかもしれませんが(^-^;
御形木様のサイズについてはもう少々お待ち下さいm(__)m
[ 2014/11/13 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/150-46b40887











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。