スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会での指導内容 4

私が現役顕正会員であった頃、上長からは一体どの様な指導を受けていたのか、具体的に思いだしてみたいと思います。随分間が空きましたが、その4です。

【とにかく言い切っていくことが大事】

折伏(勧誘)の際に重要なことは、「言い切ること」だと教えます。
何を言い切るのかといえば、「功徳と罰」です。

顕正会に入会すれば、絶対良いことがある、幸せになる。これを功徳。
顕正会に入会しなければ、必ず不幸なことが起こる、生活が行き詰まる。これを罰。

このことを、とにかく「言い切る」こと。それが折伏(勧誘)であると指導します。

私は、「言い切る」ことと「確信を込めて相手に伝える」ということは全然違うと思います。

「言い切る」というのはある意味非常に「自分勝手」な行為です。
相手のことを考えず、自分の伝えたいことだけ一方的に主張して、入信しないとなれば、「罰がでる」と捨てセリフを吐き、はい、さようならです。

またこのようなことは外に対してだけでなく内部の後輩指導に対しても行われていることです。
後輩の事情や心情を斟酌し、耳を傾けることなく、ただ賞罰を言い切って活動を促すというだけ。

こういった模範となるべきリーダー格の幹部会員達の、人間味のなく、冷酷で、思いやりのない姿は、後輩達からは利己的、自己中心的であるかの様に映るのではないでしょうか?

「言い切る」というのは「自己満足」の世界です。

なぜ顕正会員とは全く会話が成立しないのかといえば、この「言い切りなさい」という指導の中に「相手の話を聞く必要はない」という意味も含まれていて、それを実践しようと心掛けているからに違いありません。

中には「耳栓をつけて話をしているのではないか」というような、重篤な方まで見受けられます。

そのような方を見ると、ニセ本尊とマインドコントロールのダブルパンチが如何に恐ろしいものかが窺えます。

言い切る…

「言い切っていきなさい」そんな池田の言葉もありましたね…(笑) 恐ろしいです。先日、顕正会員時代の自分を振り返りながら辞書で「テロリスト」を調べました。人々に恐怖を与える存在という旨でした。
Sympathy for the terrorist.
 南条家のお墓で出会った南条家の末裔は結婚前から顕正会員である奥さんに洗脳されて、ひょろひょろになって一応お決まりの賛嘆を言い切ってました。『アラジン』のジャファーに操られた王様みたい…。奥さんは苦情係の電話の応対のよう…(笑)
全国どこへ行っても同じ言葉、同じ口調、同じ表情、魂の脱け殻。ゾンビのような人間兵器ですね。正体を失ってる。魔教の繭にくるまってる。
 私達は脱出できて日蓮正宗で信心もしている、でもずっと顕正会員でいる人もいるのが悲しいですね。家族や同僚でもないし、ちゃんと接する機会が無いだけですが。
 言い切ることによって、まるでワープしたかのように多くの大事なものを失う。出来るはすの無いことをさせてしまう顕正会は地獄ですね。
顕正会に入って、「世の中いつの間にこんなに濁ったのだろう」と思い浦島太郎状態でした。そして今、蘇生回復しながら「私はなんて狂ってしまっていたのだろう」とインナー浦島太郎状態です。正法の冥益のおかげで繭が取れ、顕正会の毒グモにひっかかってしまうような自分の今世の宿命も見えてきてます。
 言い切る、よく顕正会員は相手が話しているのに合わせて同時に呪文のように静かに唱え始める… おそらく「聴いてなくても命に響いてる」という教えと自分の悔しさが混ざって現れる「魔導師」だろう。「開いた口に法を叩き込む」と言い、大幹部はわざと口を開きたくなるような鋭い誤解や身に覚えの無い疑惑を投げてくる。普通の話をしていて突然とんでもない顕正節・浅井節に切り換えて相手の口が大きく開いて、喋ろうと息を大きく吸った瞬間に猛烈に毒の洪水を流し込んでくる。
私の上長はそれに空手の気合いを加えていた。ふざけた鉄仮面さんだった。何を言っても「あっ」「あっ」と受け身。人が本気になるのを、怒るのを楽しんでいた。
何もかも否定…
彼といていつも息ができなくて苦しかった…。
恐ろしいですね、日本のナチス。
[ 2014/11/10 18:44 ] [ 編集 ]

言い切る

前略。

ネットで有名?(悪い意味の)現役顕正会員パラパラ茜なるブログに載っていました。

>信じてついて行くと最終的には宗教だったり、占いだったりで、占いに至っては、高価な物無理矢理買わされたりして、貯金全て無くなるという詐欺に遭い、で、そいつの連絡先教えてもらい、諫暁書と顕正新聞を送りつけてやりましたが、文書でもって反発してくれましたよ。
障害者や奇形で生まれてきた子供を侮辱した言動が目立ち、更には、顕正会を暴力団扱いにし、呆れました。つまり、 占い師は、人の弱味を握る事はあっても、救う気全くない事が解り、罰は必ず出ると言い切ってやりました。

要するに「言い切る」とは「捨て台詞」のようなモノ?みたいですね。
[ 2014/11/13 14:54 ] [ 編集 ]

Uさんへ

久々のコメント投稿ですね(^-^)嬉しいです(^-^)
苦情係の電話の応対とは(^-^;顕正会員らしいですね!感情がなく、無理をしている感じで、気持ちが全然伝わってこないんですよね(-_-)
先日、ブラピ主演の「ワールドウォー」観てたら、「Z」が顕正会員と重なりました‥。
津々浦々に建つ顕正会館は「マック」の様ですね。どこでも同じサービス。「有難~いスマイル」O円。
顕正ナチは顕正会員以外の全ての人間をユダヤ人だと思っているようです。
[ 2014/11/13 21:12 ] [ 編集 ]

パラパラ何とかねさんへ

コメント有難うございます(^-^)
そうですね。彼らはそれを言い切ることにより、諸天の働きによってその人に罰がでて、いずれ顕正会に入会を求めてくると信じているようです。
[ 2014/11/13 21:58 ] [ 編集 ]

言い切る

勧誘されたとき
確かに私の話なんて無視で一方的に話されました
「なんでしつこいの?」って聞いたら
「だってこんなにいいことだらけだからみんなにいいたくなり自慢したくなる」とかわけわからんことをいって延々と作り話?らしきことを聞かされました
[ 2014/11/24 00:20 ] [ 編集 ]

Eさんへ

暴露話ありがとうございます。
そういった振舞が日常生活にも反映されてしまうところが怖いんです。
[ 2014/11/25 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/154-beb4f516











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。