スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

H26/2/15 功徳、生活の変化

私が顕正会から法華講へ移り、早くもあと少しで3ヵ月が過ぎようとしています

ここで一旦、自身において一体どの様な変化があったのか振り返ってみたいと思います

まず一番有難いのは、家庭円満になった事です

これが本当に一番大きいし、有難い

1ヶ月に、2・3回、むしろ休みの度に争い事になっていたのに、最近は全くないとは言えませんが、明らかに頻度が激減しました
昨日は妻が面白い物を買ってきたので、その事で一緒にお腹が痛くなるほど爆笑してしまいました
顕正会の時は何をしても、相手の意に反してしまったり、気持ちが通じ合わなかったりしました
それが改善されてきた事が私にとって一番の功徳です

それから、精神薬を飲まなくても平常でいられる事

顕正会時代は最後1年間程、弱いものですが“気分調節薬”を服用していました
それを、受戒を受けた直後、御住職に相談した際に「絶対に治ります」と超大確信で言われ、薬に頼らない決意をさせて頂きました実はその少し前から服用をやめていたのですが、その後今に至るまで、全く精神的に問題ありません
顕正会時代は、間違いなく開眼供養のない偽物の本尊を拝み『若者悩乱頭破七分』の罰が顕れていたのだと思います
本当に重篤になる前に気が付けて良かったです

経済的にも少しずつですが安定してきたように思います
顕正会時代には仕事も毎日ほぼ定時(5時)に終わっていましたが、最近は毎日平均して6時半くらいまでしっかり残業させて頂いております
その為、なかなか平日のお寺の行事には出られないので残念ですが、『御みやづかいを法華経とおぼしめせ』と大聖人様が仰せになっておられるので、仕事も御奉公と思って頑張れるのです

これに関して顕正会時代と違うところは、平日の行事にでられないからといって上長に“信心がない”と勝手に思われてしまう事がないということです。指導教師である御住職の温かい御理解があり、同志との自他彼此の心なく、無駄に自身を卑下することなく、のびのびと日々信行に励める有難さを今一度噛みしめたいと思う次第です
[ 2014/02/15 20:29 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(2)

こんばんは。

読ませて頂き涙が出ました。

本当に有り難いですね(T_T)
[ 2014/02/16 18:17 ] [ 編集 ]

セロリさん

コメント有難うございます☆
セロリさんがいてくれたおかげです(#^^#)
私と妻で、「セロリさんじゃなかったら駄目だった」と良く話をしております。
セロリさんは妻がブログを見て電話するとすぐに千葉から遥々、軽自動車で資料を沢山持って会いに来てくれた‥。
本当に感謝です。


[ 2014/02/16 21:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/50-525a83d5











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。