スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正新聞 平成5年1月5日号 浅井会長先生の重大指導(後編)

DSC_0384.jpg


総合男子部長
「金口の血脈」についてもう少し…
浅井先生
日応上人は弁惑観心抄の中で「たとえ広布の時をいえども、別付血脈相承なるものは他に披見せしむるものに非ず」と仰せられているから、時の貫主上人以外には誰人もこれを知り得ない。
しかし「弁惑観心抄」は要山の日守、また「法之道巻之一」は同じく要山の近藤勇道に対する破折で、二人は共に本因妙抄・百六箇抄等をもって本宗の唯授一人の血脈を否定してきたので、日応上人の破折もきわどいところまで仰せられている。
ことに「法之道」の中で、日応上人は「金口血脈」について
「この金口の血脈こそ唯仏与仏の秘宝にして、独り時の貫主の掌握せる所なり。これには数種あり、また数個の條目ありといえども、その中の一種の金口血脈には、宗祖己心の秘妙を垂示し、一切衆生の成仏を所期する本尊の活眼たる極意の相伝あり」
と仰せられている。まさに「本尊の活眼たる極意の相伝」が金口の血脈なのです。だから御本尊の書写ができるのです。
これでも学会は「唯授一人の血脈などない」と否定できるかね。
今池田大作は「この法体付属・金口の血脈」を否定して、一期弘法付属書に「本門弘通の大導師」とあるから、“弘通の大リーダーである自分が相承者”などといいたいのだ。

(中略)


岡田
八月の特別講習会で「日蓮正宗が正しいゆえんは、戒壇の大御本尊と、血脈と国立戒壇の御遺命だ」と教えて頂きましたが、学会が「血脈相承」を否定するとは、なんとも恐ろしいことですね。
浅井先生
阿部管長の権威を徹底して失くしたいんだね。だから学会は日蓮正宗の血脈そのものを否定するだけでなく、その上に阿部管長については「日達上人から相承を受けてない」「贋(にせ)法主」「詐称法主」などと、最近ではしきりに匂わせている。
「日蓮正宗には本来血脈相承などない」と云っておきながら、「日顕は日達上人から相承を受けてない」というのも矛盾した話だがね(大笑)

------------------------

後編は前編より更に大事です。

「本尊の活眼たる極意の相伝」をお受けになった貫主上人御一人のみが御本尊の書写する権限をもつこと。

浅井会長が御相承を否定している学会を非難していること。

なぜ今、顕正会は御本尊の書写の大事、御法主上人の立場の重きを教えないのか?
なぜ今、ずっと破折し続けてきた、御相承の否定を自らが始めてしまったのか?

百歩譲ってもし現在の顕正会教義からの視点から考えれば、正本堂が建っている時に御相承の否定をするのであれば、まだ顕正会なりの筋が通った考え方かもしれません。
しかし、顕正会曰く“御遺命を破壊する為に建てた正本堂”が取り壊された後にいきなり今まで肯定していた御相承の否定に走った理由は一体なんなのでしょうか?

顕正会員さんにはこのところを良く考えて頂きたいのです。
自然と真相が見えてきます…

この時の浅井会長の指導こそが日蓮正宗の本来の教義、日蓮大聖人様の仏法です。(現在は国立戒壇以外)

相承を否定したら、御歴代の相承、金口血脈の正当性も否定されたことになり、遡れば大聖人様を否定することに繋がるのです。
なぜなら日達上人の御相承の『授』を否定するならば、御相承の『授』ができなかった人を次の代の貫主上人に選出された日淳上人も否定されることになりますよね?
日淳上人の人選がいけなかった事になれば、その前の代…その前の代と遡り、元を辿れば大聖人様に行き着くのです。

大聖人様からの法水が未来永劫にわたって絶対に断絶しないことを前提とされて宗旨建立あそばされたのであれば、一時的に御法主上人に信が取れなかったとしても、“本山からの離脱は即、大聖人の仏法に背くことになる”をよくよく知るべきです。

時の御法主上人が自分の知らない御法門を言い出された時、「間違っているから離れます」ではなくて、貫主上人しか知り得ない深々の金口の相伝、「数種あり、また数個の條目あり」との日応上人の御指南に信をとり、どこまでも師弟の筋目を違えずに謙虚な求道心に立つ。

これが信心ではないですか?

顕正会の中でも「この組織が気に入らないから移してくれ」「この支隊長・隊長が信じられないし、尊敬もできないから変えてくれ」という人を沢山見てきたし、知っていますが、もしまともな上長であればその様な後輩に対して「信心がない!」と一喝することでしょう。

でも良く考えてみてく下さい…

浅井会長はそれをしたのですよ?

もし詳しい話を聞きたいという信心ある顕正会員さんには直接お話しをしたいと思います

以下からご連絡下さい

連絡先

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/56-7b7c061b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。