スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会員は御戒壇様を『恋慕渇仰』して苦しくないのだろうか?

顕正会では戒壇の大御本尊様を、「恋慕渇仰」する信心を教え、この恋する人に会いたい!と思う気持ちを「遥拝勤行」に際しての心構えとして指導していますが、そう想えば想うほど、会員さん達は皆本当は苦しいのでしょうね。

恋する人に会いたい!との思いで毎日勤行しなければならないのに、実際には戒壇の大御本尊様に会えないのですからね

いつも恋する人をただ「想像」しているだけですし、大体会ったことも見たこともないのに「恋」しなければならないのですから、これは凄く難しい事だと思います

好きな気持ちがあれば「会いに行きたい!」と思うのは、人間として素直な心情です。

しかし、「会いに行かない事が信心」と教えられてしまっては、普通に考えれば心の行き場がなく苦しいのは当然です。

顕正会館へ行っても安置されているのは「御形木」ですから、これは複製であり、敢えて言えば恋する人の「写真や似顔絵」のようなイメージでしょうか?

結局、功徳を生ずる根本の尊体ではないのです。

顕正会員さん‥

戒壇の大御本尊様はいつでも貴方達が来るのをお待ちあそばされています。

浅井会長の宗門を憎む心から生まれた「顕正会」という呪縛から早く抜け出して、一緒に大御本尊様の下へ参詣に行きましょう

現役顕正会員の方はご相談お待ちしてます。
管理人「ミミ」への連絡先は→こちらから。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/75-b78323e7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。