スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顕正会「ニセ本尊詐欺」の手口を考察

「御本尊様の扱い方」ということについて、顕正会と日蓮正宗で比較すると、そこには大きな相違点が浮かび上がってきます。
それは‥
日蓮正宗ではまだ御受戒を受けていない方、正宗信徒ではない方に対しても、ドンドン御本尊様を拝させ、縁をさせます。仏縁に触れることが即折伏となり、言葉で云々よりも命で仏様を感じてもらう為です。
また、私はまだ参加したことはありませんが、御虫払い会では総本山大石寺にて数十幅の御本尊様が奉掲されます。
つまり「公」なのです。

しかし顕正会では基本的に、御本尊様を会員以外の方に見せることはありません。

ただ一つ、例外を挙げれば「隊集会や支区集会」に関しては未入信でも参加が可能ですが、必ず前列は幹部会員で埋まっており、その為に御本尊様を近くで拝す事ができる状況ではありません。

ビデオ放映も未入信で参加できますが、終始、御本尊様はお扉をお閉めしたままですね。

入信勤行の際には「入信報告書」を書き終えた入信決定者でない限り、絶対にお仏間には入れませんよね。

勿論、御虫払い会もないので、結局、会の外の人が顕正会の御本尊様を見る事は不可能です。

顕正会は基本的には日蓮正宗の教義を根本としているはずなのですが、御本尊様の扱い方という点において宗門では「公にしている」、顕正会では「隠す」といった様な、大きな相違点が生ずるの一体如何なる理由があっての事なのでしょうか。

そうですね。

「御本尊様の相貌(そうみょう)を良く知る人が近くで見れば一目瞭然。顕正会の御本尊には○○がない!部分的に削除され、画像編集して印刷したニセ物だ!という事がすぐにバレてしまうから」

ということが容易に考えられる第一の理由でしょう。

勿論、会の内部の人のほとんどが顕正会の御本尊しか見たことがないのだから判りようがないでしょうし、学会から移られた方も、元々がニセ本尊なわけですから気付かないのでしょう。
また私が顕正会員時代に感じた事ですが、顕正会の御本尊を近くで見る事に非常に「罪悪感」を感じ、あまりジッと見ると罪障を積む様な気がして、怖くなります。これは勿論全ての顕正会員さんに当てはまる事ではないと思いますが、顕正会から法華講に移った方の多くが私と同じ事を感じている様です。

私が顕正会時代に先輩から聞いた話では「ある会員さんが入信勤行を終えた際、御本尊に指をさして、入信者に御本尊の尊さを説明した。するとその紹介者である会員さんはそれからまもなく突然死してしまった。」

御本尊に不敬があったからその会員に罰が当たったのだ、と支隊長は私に説明していましたが、果たして‥。

顕正会員達は、御本尊を信奉すると同時に、「必要以上に恐怖心が植え付けられている」ということが言えると思います。

そもそも、彼らはその御本尊について正しく学ぶ機会もありません。
教義信条に基づいた御下附の正式な手続きなど、知り得る機会がないのです。
だから、「大幅の御形木御本尊」と言われても、何か疑問を懐くということはありません。

「一念信解」というのは、会員に何も教えないことを美化して誤魔化しているだけのことです。

極めつけは、日蓮正宗の正しい御本尊に謗法意識の植え付けが行われているということです。

つまり「常住御本尊様」を目に入れさせないようにしています。

従って、顕正会員は比較対象物ないので、顕正会の御本尊に対し懐疑心を生ずることはありません。

外には御本尊を隠し、内に対しては顕正会の本尊に対して疑問を懐かせない様に、都合良く管理されていることに非常に悪意を感じます

顕正会はもう限界が来ていると思います。

ブログ主様たびたび拝見しております。
私も既に幽霊会員ですが、ブログ主様の記載で、顕正会ご本尊にむかって勤行を行ったことを思い出しました。
がその後勧誘、勧誘の会の体質が嫌になり自然と遠のいてしまいました。
今、現在そんなに不幸ではないと自分では思ってますけど、会員からすれば
哀れな奴なんでしょう。
今から思うに、結局何の力もない偽本尊だったんだなと思います。東京とか大都会ではなく、地方の小さな拠点です。
その後、宝くじあたったり(魔の小利益か?)、そんないお金には不自由しなくなったりで大罰がくるのかなぁーとか思っていたんですけど結構今現状満足してます。
ところが、顕正会員は、私からみるとひどくて、病気、自殺、借金で大変なことに
なっているんだけども、やめないだよね。なんでだろー。
そろそろ疑ってもいいころなんだけどね。
顕正新聞の大袈裟な功徳記事にだまされているとおもう。功徳があるから正しい宗教だってね。
何も考えない若者には最適な手法だと思うね。
私は今無宗教に成り果ててしまったけど、法華講等からこれだけ破折をうけてきちんと反論もせず遁走するのは、顕正会に正義がないことをはっきりあらわしているのだと思う。
公安警察も危険団体だと今がんばって信者リスト作成やマーク、強制捜査をやらなくても、おそらく顕正会は会長の寿命と一緒に自壊する可能性が非常に高いとおもう。
「時が来ればわかる」いつまで会長は会員を騙し続けるのか?
もう謀略はやめようよ。
[ 2014/04/11 21:11 ] [ 編集 ]

脱会者Aさんへ

初めまして!コメント並びに当ブログを閲覧頂き、有難うございます☆
顕正会の現状は脱会者Aさんの仰る通りだと思います!
現在顕正会では「広宣流布まであと6年」が合言葉の様になっていますが、年齢を考えれば、6年とは浅井会長の寿命ともとれますよね!
顕正会でも法華講でもない脱会者Aさんの中立的なご意見として参考にさせて頂きますね☆
[ 2014/04/11 21:29 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/11/07 00:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/76-ba6507ab











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。