スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] |トップページへ戻るスポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

体験発表

本日、5月度の日蓮大聖人御報恩御講の後に開催された『支部総会』にて体験発表させて頂きました。

※ブログに掲載させて頂くに当り、若干、言い回し等において修正を加えさせて頂きます。

------------------------

体験発表

 私は平成25年11月30日、冨士大石寺を詐称する、邪教在家団体である「顕正会」を辞め、群馬県の日蓮正宗末寺において、晴れて日蓮正宗信徒と成らせて頂きました。
 顕正会に縁する前の私は、幼少期から中学生までの間においては、母方の祖父母が信仰していた関係で日蓮宗系の一派である「本門佛立宗」を信仰しており、中学時代は自分の部屋に本門佛立宗の教祖である長松日扇の作った曼荼羅を置いて崇め、日曜日の度に、私の郷里にある「本門佛立宗」寺院「本辰寺」に通っておりました。
 その頃の私は「本門佛立宗」を信仰する故の害毒か、大変な「虚弱体質」で、落ち着きもなく、学校に行くのも嫌で、生命力がなく、自営業で居酒屋を営んでいた父の店は倒産し、借金まみれで家庭内は常に殺伐としておりました。
 高校生・専門学生時代はというと、邪教の信仰からは離れたものの、あまり学校には行かず、放埓にして、担任の先生を困らせる事ばかりの、いわゆる問題児の様な存在でありました。
 そして私が19歳で専門学校を卒業した時、同じ学校の生徒であった顕正会員から勧誘を受け、宗教に無知であった私は、一度は断ったものの、しつこく勧誘され、結局は入会してしまったのです。
 ちょうどその頃の私は、親元を離れ、東京で友人と同居しており、仕事もロクにしていなかったので、興味本位で何かうさんくさいとは思いつつ、顕正会の活動を始め、気が付けば、いつの間にかのめり込んでおりました。
 罪障を積むとは知らず、友人、知人達を次々と勧誘し、顕正会を辞めるまでに本当に沢山の方達を顕正会のニセ本尊の前に案内してしまい、組長、班長という役職を命じられた時は、根拠のない使命感に踊らされ、すっかりと盲目になっておりました。
 顕正会というのは、知っている方も多いと思いますが、元々は日蓮正宗の一講中で、元の名を日蓮正宗妙信講と言いました。
 しかし後に、現顕正会会長「浅井昭衛」は、教義上の自分勝手な己義を、時の御法主上人猊下であった「日達上人」に主張し、日達上人が自分達の言い分を聞き入れてくれないと知るや、脅迫状まがいの文書を日達上人に対し送付したり、大石寺周辺をデモカーで主張を叫びながら周回したり、再三に亘る日達上人の御慈悲溢れる御指南にも応ぜず、遂に昭和49年8月、日蓮正宗より解散処分となりました。
 それよりは、勤行や、御書の名称の改変、戒名や塔婆供養まで廃止し、独自の教義を立て、終いにはニセ本尊の作成にまで手を染め、御法主上人猊下を口汚く罵る、大謗法団体へと成り果て、現在に至っております。
 会員活動の実態は酷いもので、幹部会員は無理な勧誘ノルマを課せられ、自らの名誉と保身の為に入信報告書と呼ばれる書類を偽造したり、体力・精神力ともに限界に達し、自殺した幹部がいるという話も聞き及んでおります。
 顕正会では、御戒壇様や大聖人様の尊さを教えつつ、徐々に浅井会長に対して「信」を立てるように、信仰心をうまくコントロールして、仏法にかこつけて、右翼の様な思想を植え付けられ、まるで戦時中の様な、浅井会長の為なら命を捨てるといった、狂信者・妄信者に育てあげるといった事が行われております。
 例えば体験発表などで登壇した時には、必ず最後に「無二の師匠、浅井先生に必ずやお応えして参る決意であります」という決まり文句を付けたり、浅井会長自身も、中国が攻めてくる等と、予言めいた事を言っては、終末思想を会員に植え付け、「もうすぐ日本は滅びる」と思い込んだ会員は将来に希望を持つことさえ許されません。
 私自身も、顕正会員時代はその様な思想に染まり、世間からは浮世離れし、気が付けば強引な勧誘をした友人達も皆去り、1人ぼっちになっておりました。
 更に幹部会員は下の者には冷たく、偉そうに生活まで「ああしろ、こうしろ」と細かく指示しておきながら、その後何のフォローもありません。
 活動の内容も年々酷くなる一方で、勧誘対象はホームレスが中心で、報告も形だけのものとなり、私は「大聖人様の仏法は素晴らしいけど、唯一正しき団体といいながら、この実態はなぜだろう?」と次第に疑問に思うようになっていきました。
 その様な中、顕正会では禁止されている、「インターネットで顕正会を調べる事」を始め、顕正会を辞めて、日蓮正宗信徒となった方の沢山のブログ等を閲覧するうちに、徐々に顕正会の誤りに気付き始めたのでした。
 特にそのブログの中でも、「セロリさん」の書く記事に心を大きく動かされ、直接電話して話すようになる中、散々悪口を聞き、植え付けられていた「日蓮正宗の悪いイメージ」が、徐々に氷解していったのでした。
 しかし、顕正会はほぼ間違いだったと理解してからも、師匠だと思っていた浅井会長に対して、情の面での執着が拭えず、日蓮正宗に移る事を躊躇しておりました。
 しばらくして、頭で考えても答えが出ないとの結論を得、御僧侶に会ってみたいと思うようになり、忘れもしない11月17日、思い切って群馬県にある日蓮正宗末寺の門を叩き初めて御住職様とお会いしたのです。
 その日はちょうど「お会式」の日で、法要が終わった直後、突然の訪問にも、御住職様は真摯に対応され、私の愚問の一々に答えて下さったのです。
 また、御住職様は日顕上人の直弟子であると聞き、今まで恐れ多くも日顕上人に大変悪いイメージをもっていた私は、御住職様の御慈悲、尊いお振舞に接し、その様なイメージはその場で氷解致しました。
 その日は「じっくり考えてから決めても良い」と御住職様は仰って下さり、帰りましたが、考えれば考える程、「御住職様の下で信心させて頂きたい」との思いは日を追うごとに増し、遂には11月17に行った日蓮正宗末寺の電話番号を調べ、自ら御住職様に御授戒を受けたい旨の連絡を入れ、11月30日、晴れて御授戒を受けさせて頂きました。
 顕正会の勤行は二座だけを読み、お題目を五分唱えるという独自のやり方で、非常に短かったため、五座三座の勤行を聞いた時は、「こんなに長いのか…」と思いましたが、ちゃんと御本尊様に通ずる勤行というのは非常に気持ちの良いもので、長さはさほど気にならず、顕正会時代は勤行が苦痛でしたが、今は有難くやらせて頂いております。
 また一月の支部総登山で初めて総本山大石寺へ行き、御戒壇様をこの目で拝する事が叶いましたが、大石寺に着くなり、今まで絶対に行かないと心に堅く誓っていたところに居るという事自体が不思議でならず、状況が良く呑み込めずにおりましたが、大石寺の美しさを見ると同時に、大石寺は「今は行ってはいけない謗法の地」であると私を騙し続けてきた、浅井会長に対し激しい怒りがこみ上げてきました。
 しかし、今は騙されていたこと自体も、過去世で自らが作ってしまった因縁だったのだと冷静に理解できるようになり、もっと自身の境界を変える為、罪障消滅を願うばかりです。
 そして、初めて御開扉を受けさせて頂き、顕正会員時代、早く広宣流布がきて、御戒壇様にお会いしたい!と思い、活動に没頭してきた事、その一々が思い起こされ、「今、自分は夢にまで見た御戒壇様にお会いできている。日蓮正宗に移れて本当に良かった」と、心の底から歓喜がこみ上げました。御戒壇様のお扉が開いた瞬間、涙が溢れて止める事ができず、前半は全く読経すら出来ませんでした。
 日蓮正宗信徒となった今、強く思う事は「世法即仏法」との腰を据えた信心を常に心がけ、世間からも認められる様な人材となり、御命題成就、広宣流布のお役に立たせて頂きたいと思います。
 
ご静聴有難うございました。

------------------------

本文の中で太字・赤字で強調させて頂きましたのは、私が日蓮正宗に移る一番大きな動機となった部分だからです。世間でも『百聞は一見に如かず』といいますが、いくら顕正会の誤りに気付けたとして、その後日蓮正宗の事が気になっていたとしても、実際に仏・法・僧の三宝に縁してみなければ、本質的に何かを感じ取ることは到底でき得ません。「どうせ末寺に行っても得られるものは何もない」と決めつけたり、また臆病心、怠け心に負けて求道心を実際に行動にあらわしていかなければ、道は閉ざされたままになってしまいます。
もし日蓮正宗寺院に行ってお話を聞いてみたいという事であれば、一度電話番号を調べて、連絡を入れてからの方が望ましいです。そうして頂ければ、末寺側としてもきちんと応対して下さるはずです。

日蓮正宗寺院一覧はこちらから

とはいっても、いきなり宗門末寺の門を叩く事には抵抗があるという方。現役顕正会員の方、顕正会活動を離れ、
日蓮正宗の事を知りたい方に関しては電話でもご相談も承らせて頂きます。
微力ながら、少しでもお役に立てれば幸いです。

『ミミ』への連絡先はこちらから
[ 2014/05/11 20:58 ] |トップページへ戻る日記 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yorori1130.blog.fc2.com/tb.php/92-51e5d2fe











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。